鼻尖形成術

シャープな鼻を手に入れる。

鼻尖部は、鼻翼軟骨を支持組織として、それを覆う軟部組織(主に脂肪)、皮膚で構成されています。日常的に行われる鼻尖形成術としては、
I. 鼻尖縮小術:鼻尖を細くする
II. 鼻尖増高術:鼻尖を高くする
III. 鼻尖挙上術:鼻尖を上向きにする
IV. 鼻尖下降術:鼻尖を下向きにする
さらに鼻柱部に関しては鼻柱挙上術、鼻柱下降術などが鼻尖の形態に影響を与えるため、単独または併用手術として行われることも少なくありません。

横顔のバランスでは、鼻柱の下端と鼻尖の突出点(TDP)が、鼻孔縁(鼻の穴のエッジ)の最高点で二分されるのが理想です。

また日本人では団子鼻が多いが、本来であれば鼻尖は適度に細く、鼻翼幅(平均37mm)の約3分の1程度(12mm~15mm)が理想的です。

脂肪組織の切除、鼻翼軟骨の縮小、離れている左右鼻翼軟骨の処理、この3つの操作でシャープな鼻尖になるように形成する手術です。 また、鼻尖を高くしたい、下に向けたい、上に向けたい等の希望に対しては同時に自家組織移植を行ないます。

症例写真はこちら
 

医師イメージ

世界に認められた医療技術、豊富なリッツ独自の手術法であなたに最適な美を追求します

  • 各院施術料金表をご確認下さい
  • 静脈麻酔/局所麻酔
  • 術後5日間ギプス固定。7日目抜糸
  • ※個人差によって料金の変動がございます。
リッツ美容外科 初めての方はこちらからどうぞ /  0120-628-662 携帯・PHSからも通話料無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00 リッツ美容外科 来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る

鼻翼縮小術

幅広の小鼻を小さく。

“鼻翼”とは聞きなれない言葉かもしれませんが、“小鼻”のことを言います。 鼻翼形成術の目指すゴールは、手術後の痕跡が目立たず、できるだけ左右対称で自然な形態です。 鼻翼の形態はさまざまで、個々の患者様に応じて術式、デザインを選択する柔軟なアプローチが要求されます。同一患者様の左右の鼻翼で、術式、切除位置、切除幅が異なるなんてこともしばしばあります。その意味では“鼻翼形成術”という普遍的、画一的な手術法は存在せず、個々の症例に応じて最適な術式を選択することになります。

術前診察の際には、鼻翼だけを評価するのではなく、
顔全体における鼻のバランス、鼻の中での鼻長、
鼻幅、鼻の高さ、鼻尖との大きさの比率、
鼻柱と垂直(上下)方向の位置関係(ACR)など
相対的評価も重要です。

鼻翼手術を単独で行った場合、かえって他部位
とのバランスを崩すことも少なくありません。
例えば単独で鼻翼縮小を行った場合には、
両側から鼻翼が引き寄せられることになり、鼻尖が丸く、
太くなることがあります。鼻尖幅、鼻翼幅のバランスを術前に評価し、
必要に応じて両者を同時に行うことにより良い結果を得られるのです。

症例写真はこちら
 

医師イメージ

世界に認められた医療技術、豊富なリッツ独自の手術法であなたに最適な美を追求します

  • 各院施術料金表をご確認下さい
  • 静脈麻酔/局所麻酔
  • 3~5日。7日目抜糸
  • ※個人差によって料金の変動がございます。
リッツ美容外科 初めての方はこちらからどうぞ /  0120-628-662 携帯・PHSからも通話料無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00 リッツ美容外科 来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る

鼻中隔延長術

短い鼻、上向きの鼻を延長して端正な鼻に形成。

日本人の鼻の特徴は、西洋人と比べて小さい(短く、低い)ことである。鼻形成術に際しては絶対的な長さ、高さを追求するのではなく、顔面の他のパーツとのバランスを考慮して美しい鼻を形成することがゴールとなります。 鼻の長さは、正面から見る際には鼻根部の最低点(nasion)から鼻柱の最下点までの距離として計測されます。 短鼻(short nose)の改善を希望される患者様では、鼻根部の最低点(nasion)の位置を頭側に移動させるか、鼻柱(ないしは鼻尖下端)を尾側に移動させる必要があります。

どんな患者様に向いた方法でしょうか?
1) 鼻が短い、小さい方(short nose)で、鼻先を下に向けて鼻を長く見せたい方
2) 側面から見て鼻尖の先端が過度に上向きな短鼻の症例に対して、鼻尖先端を尾側に下降させる必要がある方
3) 鼻尖が低く高くしたい場合、側面から鼻尖の突出点tip defining pointが丸くてはっきりしない方で、シャープに鼻尖を高くしたい方
に適した方法です。すなわち鼻尖の方向、長さ、尖がりなど3次元で調節が可能な夢のような手術法といえます。

鼻中隔延長術の目的
・鼻尖にprojection(高さ)を出す
・鼻尖を下方(尾側)に延長させる
・鼻柱を下方(尾側)に延長させる
ことであり、症例に応じて理想的な方向に鼻尖、鼻柱を突出させることになります。従来から行われてきたonlay graft(鼻尖に耳介軟骨などを置く)中心の鼻尖形成、鼻柱形成術では不可能であった形態を可能とし、自由度の高い劇的で、効果的な手術法であるわけです。

症例写真はこちら
 

医師イメージ

世界に認められた医療技術、豊富なリッツ独自の手術法であなたに最適な美を追求します

  • 各院施術料金表をご確認下さい
  • 全身麻酔
  • 5~7日
    術後5日間ギプス固定、7日目抜糸
  • ※個人差によって料金の変動がございます。
リッツ美容外科 初めての方はこちらからどうぞ /  0120-628-662 携帯・PHSからも通話料無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00 リッツ美容外科 来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る

隆鼻術・人工軟骨法

インプラント挿入で鼻を高くする

日本人の鼻の特徴は、西洋人と比べて小さい(低く、短い)ことです。
そのため鼻の美容形成手術のなかでも、隆鼻術(鼻を高くする)は
もっともポピュラーな手術です。

隆鼻に利用される素材…人工材料と自家組織に分類されます。

1) 自家組織
自分自身のの骨(腸骨、頭蓋骨・外板)、軟骨(耳介軟骨、
肋軟骨、鼻中隔軟骨)、筋膜、真皮などが挙げられます。
これら自家組織は感染などの合併症は少ないのですが、
長期的には吸収、変形などの問題、採取部(ドナー)の犠牲、
細工の難しさ、2次修正を要する場合に移植組織が癒着する
ことにより手技的に困難になる、等々の欠点も指摘されています。
90年代後半になり、軟骨細片という自家組織移植の欠点の多くを
改善した新しい術式が報告され、有用な方法であると考えます。

2) 人工材料
一方、人工材料として代表的なものはシリコン樹脂です。シリコン樹脂は、生体反応が少ない安全な人工埋入補填材料として、現在まで約50年にわたり利用されてきた長い歴史があります。
長所としては、手術手技が比較的容易で、細工しやすいため鼻の形態を繊細に整えやすい点が挙げられます。また万が一手術結果が希望に添わない場合でも、抜去、再挿入等の修正が比較的容易です。適応を見極めた上で“適切な大きさ・形態のインプラントを挿入する”という条件つきであれば、現在もっとも理想的な隆鼻素材であると考えられています。
また美容大国である米国、韓国では、ゴアテックス(R)も一般的に使用されています。ゴアテックス(R)の最良の適応は、眉毛の内側(眉間)から鼻根、鼻背まで連続的に高くしたい場合です。この場合には鼻根より眉間にかけて頭側に向かって広がりをもつ形状とする必要があり、インプラントに柔軟性が必要となり、シリコン・インプラントでは対応できないからです。

症例写真はこちら
 

医師イメージ

世界に認められた医療技術、豊富なリッツ独自の手術法であなたに最適な美を追求します

  • 各院施術料金表をご確認下さい
  • 静脈麻酔/局所麻酔
  • 3日~1週間
    2~3日間テープで固定、
    術後7日目で抜糸
  • ※個人差によって料金の変動がございます。
リッツ美容外科 初めての方はこちらからどうぞ /  0120-628-662 携帯・PHSからも通話料無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00 リッツ美容外科 来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る

鼻骨骨切り

太い鼻、ワシ鼻などを整った鼻筋に

鼻骨骨切り術は鼻の大きい欧米ではポピュラーな手術ですが、我が国では適応症例が少ないこともあり決してポピュラーな手術とはいえません。しかし生活習慣の西欧化に伴って日本人の体型も西欧化してきており、外鼻形態も徐々に西洋人に近づいてきている現実を考えると、今後は需要は増えることが予想されます。

元来鼻骨骨切りは 、ハンプ(段鼻)
切除後の open roofを閉じる手段として
考案されたのですが、今日では以下の
目的で施行されています。

1) 鉤鼻、段鼻の改善
2) 広鼻の改善
広い鼻の基部を狭くする
3) 斜鼻、彎曲鼻の改善
外鼻の外側壁の変形(左右差を含む)
をまっすぐにする

さらに鼻骨骨切り術は、
その骨切りラインによって
次のように分類されます。
I. 外側骨切り
II. 内側骨切り
III. 横断骨切り
詳しくはご相談ください。
症例写真はこちら
 

医師イメージ

世界に認められた医療技術、豊富なリッツ独自の手術法であなたに最適な美を追求します

  • 各院施術料金表をご確認下さい
  • 全身麻酔
  • 1週間~2週間。
    術後2週間でギプスを外す
  • ※個人差によって料金の変動がございます。
リッツ美容外科 初めての方はこちらからどうぞ /  0120-628-662 携帯・PHSからも通話料無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00 リッツ美容外科 来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る

注入による隆鼻術

ヒアルロン酸を注入して手軽に鼻を高く

近年プチ整形の代表として注入による隆鼻を希望される患者様は増加の一途をたどっています。料金的に手軽で、ダウンタイムを要さず、患者様の希望に沿って注入量を調節できるなど、その簡便さが患者から支持されている理由です。一般的にはヒアルロン酸が広く使用されていますが、最近では注入型のハイドロキシアパタイト(レディエッセ)も流行の兆しがあります。

目的
1) 隆鼻(主に鼻根~鼻背)
2) 斜鼻の改善
3) humpの改善
4) 鼻孔縁の調整
5) 鼻柱の下降
などが挙げられます。

1. ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は天然多糖体で生物学的適合性が
高い物質で、コラーゲンと比較すると皮内テストを要さないため即日注入できること、またその効果の持続が長いこと、さらに重要な点では、もし気に入らない場合にはヒアルロニダーゼにより溶解が可能なことなど、多くの利点を有しています。一部の製品は米国・FDAで認可が得られています。
効果の持続は一般的には3~12ヶ月程度といわれていますが、数年経過した症例でもヒアルロン酸すべてが吸収されているわけではなく、一部残存しています。
ヒアルロン酸による隆鼻のひとつの欠点として、施術者は注意深く細い鼻すじを作ったつもりでも、数週から数ヶ月かけてヒアルロン酸が徐々に周囲に広がり、細くて明確な鼻すじを維持することが難しいことです。この点では後述するハイドロキシアパタイト製剤のほうがやや有利であると考ます

2. ハイドロキシアパタイト(注入型)
近年レディエッセ(R)という長期持続型皮膚充填剤が登場しました。主成分であるカルシウムハイドロキシアパタイトをキャリアジェルに懸濁させた非アレルギー性の皮膚充填剤です。既にFDA, CEなどで認可を受け、近年美容医療分野でも広く使用されるようになってきました。
注入の要領はヒアルロン酸とは異なり、皮下深層に注入することです。ヒアルロン酸ほど周囲への広がりが少なく、鼻筋をより自然に出すことができるのが特徴です。さらに持続効果も長く、吸収されるまでの目安は1年~1年半ほどです。

 

医師イメージ

世界に認められた医療技術、豊富なリッツ独自の手術法であなたに最適な美を追求します

  • 各院施術料金表をご確認下さい
  • 冷却麻酔
  • なし
  • ※個人差によって料金の変動がございます。
リッツ美容外科 初めての方はこちらからどうぞ /  0120-628-662 携帯・PHSからも通話料無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00 リッツ美容外科 来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る