来院予約フォーム

ピュアグラフト豊胸術 施術内容

ピュアグラフト豊胸術

ピュアグラフト豊胸術 メニュー

専用の濃縮容器で脂肪の不純物を取り除き、ピュアな濃縮脂肪細胞を注入することで、従来の脂肪注入法より生着率が格段にアップし、石灰化・しこりなどのリスクが少ない新世代の豊胸術。

お勧めの方

・人工物(バッグ、ヒアルロン酸など)による豊胸に抵抗があり、
 より高純度のご自身の脂肪細胞を使用しての注入を望まれる方
・脂肪細胞の高い生着率を希望される方
・注入後のしこり(石灰化)が気になる方
・気になる部位のサイズダウン、バストアップを同時に希望される方
・部分的(上胸部、胸の谷間、左右差など)に豊胸をしたい方
・レントゲンに写らない豊胸をご希望の方
・他院でバッグ挿入後、後遺症、トラブルがある方

ピュアグラフト豊胸術

新世代のピュアグラフトシステムにて、採取した脂肪組織を透析し、脂肪吸引の際に含まれた不純物(死活細胞や老化細胞、血液、麻酔薬など)を除去し、濃縮された純度の高い脂肪組織を生成します。
このピュアな濃縮脂肪細胞を注入することで、従来の脂肪注入より生着率が格段に向上し、さらに不純物を取り除いたことにより、しこり(石灰化)のリスクを大幅に減らすことが可能になりました。しかも、生着率が高まっているため、長く効果が持続します。自身の脂肪を注入するため、異物が体内に入るという拒絶反応はなく、手触りもかなり自然に近い状態にすることが可能です。

不純物を除去する仕組み

ピュアグラフトでは独自の2枚の高性能フィルターを使用して、不純物を除去するため、脂肪細胞を傷つけず、きれいな状態で取り出すことが可能です。1枚目のフィルターで細胞と液体を分け、2枚目のフィルターでは脂肪細胞のみを残します。二重に濾過するかたちになり、不要なものはほぼきれいに取り除かれます。

生着率アップに重要な幹細胞

二重のフィルターをかけて不純物を取り除きますが、残った細胞の中に生着率の肝となる幹細胞がしっかり残っていることが開発機関であるサイトリ・セラピューティクス社により確認されています。

幹細胞は、いろいろな細胞に変化する能力や、何度も分裂を繰り返して増殖する能力を保持している特殊な細胞です。実際の医療現場では、この特性を利用し、骨の欠損やその他器官の再生に用いられています。幹細胞は、注入されると、脂肪細胞になったり、その脂肪細胞に血液を供給する血管になります。
豊胸術に応用されることにより、多くの脂肪細胞が幹細胞によって生着し、バストを大きくする効果があるのです。 一言で表すのであれば、成長する脂肪を内包するバスト≒成長するバストという事ができるでしょう。
脂肪細胞が生着するために最も重要な事は、血液から栄養をもらう事です。
幹細胞は、バストに注入されると脂肪細胞や脂肪細胞に栄養をもたらす血液を供給する血管になります。
吸引して採取した脂肪をバストに注入すると、周囲から新しく細い血管が発生します。
この血管と注入された脂肪が連結すると、脂肪に栄養が行きわたり生着して体内にずっととどまります。
つまり、幹細胞を補充することで、脂肪細胞自体の数も増え、栄養を供給する血管が新しく生まれ、より多くの脂肪細胞が生着することになります。





















ピュアグラフト豊胸術のメリット

・不純物をフィルターで除去しているため、注入後の脂肪がしこりになるリスクと生着に失敗し元に戻ってしまうリスクを大幅に低減
・自身の脂肪のため、異物を入れている感覚、アレルギー等がない。
・生着率60~80%を実現するため、感触は柔らかく、見た目も自然なバストに。
・注射針で脂肪を注入するため、傷跡が残らない
・レントゲン撮影時、異物が写らない。
・まず脂肪吸引を行うため、メリハリあるボディの実現が可能
・15分以内で移植用脂肪組織が準備できるため、短時間で手術が終わり、負担が少ない。

コンデンスリッチ豊胸術との相違点

コンデンスリッチ豊胸術は、特殊なウェイトフィルターを用い、採取した脂肪から死活細胞や不純物を遠心分離によって除去した濃縮脂肪を注入する方法です。
一方、ピュアグラフトによる豊胸術は、独自の2枚の高性能フィルターを使用し、二重に批准物をふるい落すことで、純度の高い脂肪細胞が得られます。
どちらの方法も純度の高い濃縮脂肪を注入出来ると言った点では、注入後の効果(生着率)に大差はありませんが、一度に多くの脂肪細胞が取れる点、遠心分離機を使用しないので、活力の有る脂肪を短時間で注入出来る点や、痩せ型の女性にとってはコンデンスリッチ豊胸術より優れています。

豊胸術比較表
  ヒアルロン酸 人口乳腺コヒーシブシリコン 一般的な脂肪注入 脂肪幹細胞移植・セリューションシステム コンデンスリッチ ピュアグラフト
治療の特徴 バストの下縁や脇付近の目立たない部位よりヒアルロン酸を注入 人口乳腺を液下や乳房下縁から乳腺下・大胸筋下・大胸筋筋膜下に挿入 腹部や大腿部か吸引した脂肪をそのままバストに注入 腹部や大腿部から吸引した脂肪の一部から幹細胞を取り出し、吸引した脂肪と一緒にバストに注入 吸引した脂肪からフィルターを用いて不純物を遠心分離で除去し、濃縮脂肪だけをバストに注入 吸引した脂肪から特殊フィルター2枚を用いて不純物を除去し、純度の高い脂肪だけをバストに注入
適応 外科的な手術を避けたい。短時間でバストアップしたい バストサイズの希望が2~3カップ以上。痩せ型で脂肪吸引量が少なすぎる。脂肪吸引を望まない。 異物を入れたくない。気になる箇所を脂肪吸引し、バストを1カップ程度大きくしたい 異物を入れたくない。気になる箇所を脂肪吸引し、バストを1~2カップ程度大きくしたい 異物を入れたくない。痩せ型だがバストを1~2カップ大きくしたい 異物を入れたくない。痩せ型だがバストを1~2カップ大きくしたい
柔らかさ 程よい注入量であれば柔らかいが、皮膚の許容量を超えるとグミのような硬さになることも。 皮膚の許容量を超えた大きさのバッグだとグミのような硬さを感じることがある。 自然な柔らかさ 自然な柔らかさ 自然な柔らかさ 自然な柔らかさ
大きさ 1~1.5カップのバストアップが可能 3カップ以上も可能 1~1.5カップ 1~2カップ 1~2カップ 1~2カップ
生着率 20~30% 70~80% 70~80% 70~80%
持続期間 1~2年 バッグの破損がない限り半永久的 半年以内に70~80%は自然吸収され、残った脂肪は半永久的に持続する。 半年以内に20~30%は自然吸収され、残った脂肪は半永久的に持続する。 半年以内に20~30%は自然吸収され、残った脂肪は半永久的に持続する。 半年以内に20~30%は自然吸収され、残った脂肪は半永久的に持続する。
麻酔方法 局所麻酔・静脈麻酔 硬膜外麻酔・全身麻酔 硬膜外麻酔・全身麻酔 硬膜外麻酔・全身麻酔 硬膜外麻酔・全身麻酔 硬膜外麻酔・全身麻酔
術後の痛み 殆どなし 1~2週間前後は局所的な痛みが続く。 吸引した箇所、注入したバストの局所的な痛みが1~2週間続く 吸引した箇所、注入したバストの局所的な痛みが1~2週間続く 吸引した箇所、注入したバストの局所的な痛みが1週間前後続く 吸引した箇所、注入したバストの局所的な痛みが1週間前後続く
合併症のリスク 同じ層に一度にたくさんの量を注入するとしこりのように硬くなる。 被膜拘縮が起こった場合、バッグが硬くなりバストの形状も変形することから抜去しなければならない。 同じ層に沢山の脂肪を注入すると吸収されずに残った脂肪が石灰化されしこりとなって乳房内に残る。 同じ層に沢山の注入をすると幹細胞から栄養を受け取れなかった脂肪が石灰化され、しこりとなって乳房内に残る。 同じ層に沢山の注入をすると幹細胞から栄養を受け取れなかった脂肪が石灰化され、しこりとなって乳房内に残る。 同じ層に沢山の注入をすると幹細胞から栄養を受け取れなかった脂肪が石灰化され、しこりとなって乳房内に残る。
手術時間 30分~60分 2時間 2~3時間 5~6時間 3時間前後 3時間前後
メリット 即自的に大きく出来る。ダウンタイムが殆どない。 希望サイズの大きさが可能。脂肪注入のように吸収される心配がない。 気になる部位のサイズダウンとバストアップが同時に可能。 気になる部位のサイズダウンとバストアップが同時に可能。 痩せ型でも生着率が高いため、2カップアップに必要な脂肪は700ccあれば十分可能。気になる部位のサイズダウンとバストアップが同時に可能。 痩せ型でも生着率が高いため、2カップアップに必要な脂肪は700ccあれば十分可能。遠心分離しない為、純度の高い脂肪をより早く注入できる。気になる部位のサイズダウンとバストアップが同時に可能。
デメリット 短期間で吸収される。費用対効果が低い 被膜拘縮が起こった場合、抜去しなければならない。感触は脂肪注入法より硬い。 1カップの大きさにするためには、70~80%の吸収率を想定し、最低1,000ccの脂肪が必要。痩せ型には不適格。 1カップの大きさにするためには、幹細胞を抽出する脂肪が余分に必要となるため、最低1,000ccの脂肪が必要。痩せ型には不適格。 コンデンスされた脂肪でも一度に沢山の量を同じ層に注入するとしこりになることもある。 純度の高い脂肪でも、一度の沢山の量を注入するとしこりになることもある。
リッツの高度な注入テクニック

高濃度の幹細胞を注入したとしても、注入が粗雑ですと、決して良い結果が出ません。リッツ美容外科では、ベテラン医師が高濃度の幹細胞と脂肪を、高度なテクニックを駆使し丁寧に注入します。

【一般的脂肪注入法】

太い注入針(一部5mmくらい切開するクリニックもある)で、脂肪を一塊(かたまり)として注入します。
塊の状態で注入された脂肪の最外層の脂肪がバリア(障壁)となり、ほとんどの脂肪細胞に血管から栄養がいきわたらず、その結果注入した脂肪の大部分は壊死 し、融解(溶けて)して吸収されてしまいます。この時、大きな塊として生着してしまうと、これが“しこり”となってしまうのです。


【リッツ式脂肪注入法について】

リッツ式脂肪注入法は、注入脂肪の生着率をアップさせる為に極細注入針を使用します。この方法はバストに一切傷を残さないというメリットがありますが、それ以上にもっと大きなメリットがあります。
極細注入針で脂肪細胞を少量ずつ散らして注入することで、血管から栄養をもらいやすい状態(バリアを作らない)にできるのです。

また、生着率を上げる為には、少量ずつ多くの部位に注入することも重要です。
極細注入針の開発により、従来法では乳腺周囲にしか注入できなかったのを、大胸筋下、大胸筋内、大胸筋上(乳腺下)、乳腺周囲と4層に別々に分けての注入 を可能にしました。脂肪の生着に最も重要である血液の供給は血流の豊富な大胸筋(筋肉)周囲への注入がポイントです。更に幹細胞を注入することで、生着率 がアップします。


しこりができる要因

しこりが出来る主な要因は、(1)注入する脂肪の状態 (2)注入方法 (3)注入量があげられます。

(1) 一般的な脂肪注入法は、採取した脂肪から麻酔液や血液、死活細胞や老化細胞などの不純物を取り除かないまま注入するので、元々血流の悪い乳腺周囲は、脂肪が生着する為に必要な酸素や栄養素の循環が滞り、弱った脂肪は死んでしまいます。吸収されずに残った脂肪が後にしこりや石灰化となり、乳房内に残留します。

(2) ピュアグラフト法やコンデンスリッチ法などで、不純物を除去した高濃度な脂肪を注入する場合でも、一ヶ所から同じ部位や層にまとめて注入すると、脂肪の密度が高く塊となってしまうため、これらの状態が酸素や栄養素の循環の妨げとなり一部の死んだ脂肪がしこりとなります。

(3) 脂肪注入を行う場合、初回の注入は、元々のバストサイズや、皮膚の伸縮度に見合った量を注入することが重要です。バストサイズがAカップの場合は、250ccの注入量がしこりの発生を回避出来る標準量と言えます。乳房内の許容量を大きく超えてしまうと脂肪に酸素や栄養が行き渡らず、結果的にしこりの発生率を高めてしまいます。


しこりを作らないテクニック

脂肪注入法は、上記3つの要因を考慮し、脂肪をいかに細かく散らばせて注入するかが、目立つ“しこり”を作らず、良質な脂肪の生着率を高めるポイントとなります。
そのためには、脂肪を少量ずつ 分けて、重なり合わないように、平面的にも立体的にも多くの部位(皮下脂肪層、乳腺下、大胸筋肉上、筋肉内、筋肉下)にたっぷりと時間をかけて散らしながら注入することが最も重要です。言葉にするのは容易ですが、実践するにはベテラン医師による鍛え抜かれた高度な技術とセンスが求められます。

国内最高峰国立大学と提携し、研究、治験の積み重ねにより開発したリッツ式幹細胞注入法と今回新たに導入するピュアグラフを併用することで抽出した脂肪細胞の不純物除去と幹細胞注入法で使用するマシンにより、幹細胞の数もさらに多くなり、しこり化のリスク軽減、生着率のアップに貢献します。

ページの先頭へ戻る
ピュアグラフト豊胸術
  • 施術時間

    約180分
    ※大腿の脂肪吸引含む

  • 麻酔

    硬膜外麻酔+静脈麻酔

  • 腫れ具合

    ★★★☆☆

  • ダウンタイム

    抜糸
    脂肪吸引部7日目
    脂肪吸引部1~2週間むくみ。

同時に行うことが多い施術

ページの先頭へ戻る

料金表

  • ピュアグラフト豊胸術

    通常の脂肪注入費用+1パック 108,000円~ ※2014年4月からの税込料金です

ページの先頭へ戻る

よくある質問と答え

Answer

  • 独自のフィルターで不純物を取り除いたピュアな濃縮脂肪細胞を注入することで、従来の脂肪注入より生着率が格段に向上し、しこり(石灰化)のリスクを大幅に減らします。
    しかも、生着率が高まっているため、長く効果が持続します。自身の脂肪を注入するため、異物が体内に入るという拒絶反応はなく、手触りもかなり自然に近い状態にすることが可能です。
  • コンデンスリッチ豊胸術とは異なり、独自のフィルターで二重に不純物をふるい落とすことで純度が高い脂肪細胞が得られます。
    一度に多くの脂肪細胞がとれる点、遠心分離機を使用しないので、短時間で手術が終わる点がコンデンスリッチ豊胸術より優れています。
  • 幹細胞は、いろいろな細胞に変化する能力や、何度も分裂を繰り返して増殖する能力を保持している特殊な細胞です。
    幹細胞は、注入されると、脂肪細胞になったり、その脂肪細胞に血液を供給する血管になります。豊胸術に応用されることにより、多くの脂肪細胞が幹細胞によって生着し、バストを大きくする効果があるのです。
  • 脂肪細胞が生着するために最も重要な事は、血液から栄養をもらう事です。
    幹細胞は、バストに注入されると脂肪細胞や脂肪細胞に栄養をもたらす血液を供給する血管になります。吸引して採取した脂肪をバストに注入すると、周囲から新しく細い血管が発生します。この血管と注入された脂肪が連結すると、脂肪に栄養が行きわたり生着して体内にずっととどまります。
    つまり、幹細胞を補充することで、脂肪細胞自体の数も増え、栄養を供給する血管が新しく生まれ、より多くの脂肪細胞が生着することになります。
  • 高濃度の幹細胞を注入したとしても、注入が粗雑ですと、決して良い結果が出ません。
    リッツ美容外科では、ベテラン医師が高濃度の幹細胞と脂肪を、高度なテクニックを駆使し丁寧に注入します。注入脂肪の生着率をアップさせる為に極細注入針を使用し、少量ずつ多くの部位に注入、長い時間をかけて散らして脂肪を入れていきます。
  • できます。バッグを抜去して、入れていた部分を避けてその後ご自身の細胞を注入することになります。同日の施術も可能です。
  • 注入の仕方は生着率にもかかわってきますので、リッツのベテラン医師が、注入脂肪の生着率をアップさせる為に極細注入針を使用し、少量ずつ多くの部位に注入し、長い時間をかけて散らして脂肪を入れていきます。
    熟練した医師が高い技術で入れることにより生着率アップを促進しています。
  • 個人差はありますが、脂肪吸引部は1~2週間、バストは5~7日間位です。
  • 全身麻酔、硬膜外麻酔、静脈麻酔を駆使して、無痛の内に終了します。
    術後バストの注入部に強い痛みはありません。吸引部は、吸引量による個人差はありますが、筋肉痛の様な感じで、ほぼ2週間までに消失していきます。
  • 2カップアップ位とお考えください。
    【補足】豊胸においてバッグの200㏄と脂肪の200㏄はその形と動きが異なります。バッグによる豊胸術を行った場合、ブラジャーをつけなくてもバストトップが高くなります。
    そのため、ブラジャーをつけない状態では、バストがそこまで大きくなったと感じないかもしれませんが、ブラジャーをつけ、バストを寄せて上げた状態では大きさを実感して頂けます。つまり、脂肪注入法による豊胸術で大きくなったバストは、より自然な形で、自然な動きをするという事が特徴になります。
  • 例:脂肪吸引 お腹315,000円~
    ※1 +脂肪注入420,000円~
    ※2 +ピュアグラフト1パック105,000円~
    =840,000円~
    ※1吸引する脂肪の量に応じて異なります。※2吸引量・部位により異なります。

初めての方はこちらからどうぞ 0120-628-662 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
携帯メール宛てにこのページのリンクを送信します



※「リッツ美容外科 ページURL」というタイトルの
 メールが届きます。

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディデザイン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ