来院予約フォーム

眼瞼下垂 施術内容


小さくて眠そうにみえる目もとは、目を開ける筋肉自体の手術で、手術直後からパッチリ大きな瞳になります。経結膜法は瞼の裏側からアプローチする為、皮膚には一切傷がつきません。また手術中に大きさをご自身で確認できる為、思い通りの大きさになります。腫れが少なく、あまり休みが取れない方にも向いています。

お勧めの方

・目を開ける時に、額にしわが寄らないようにしたい方
・黒目が大きく見える開きのよい目にしたい方
・もっと大きな目にしたい方
・傷がつかない方法で「眼瞼下垂」を治したい方
・瞼(まぶた)がすんなり上がらないことによる、物の見づらさ、肩こりや頭痛を治したい方

眼瞼下垂

一般的に、“目が小さいこと”は、眼球が小さいためと誤解されることも多いのですが、眼球自体の大きさは成人になると性差、体格などの個人差はほとんどないのです。
それではどうして目が大きく見える人とそうでない人がいるのでしょうか? 目の大きい人と小さい人の違いは、まぶたの開きによる眼球(黒目と白目)の露出範囲の違いです。上まぶたは眼瞼挙筋という筋肉で開きますが、この筋肉の引き上げる力が弱いと、眼瞼下垂、すなわち目が細く小さい(眠そうな)状態になるのです。
眼瞼下垂の治療法のひとつとして、挙筋の力が弱くても、挙筋を短くすることによって眼の縦幅を大きく開くことが可能です。手術後には黒目(虹彩、角膜)が大きく露出することになり、その結果として瞳は大きく見え、パッチリ とした印象の目(眼力アップ)になるのです。
眼瞼下垂(がんけんかすい)の治療に関して、リッツ美容外科は2000年の開業以来、国内のリーディング・クリニックとして、“皮膚に一切傷を残さない手術法”を学会、医学専門ジャーナルで発表してきました。国内のほとんどの病院、クリニックではこの難易度の高い“経結膜法”をおこなってない(行えない)のが実情です。
この皮膚側には一切傷を残さない“経結膜法”では、日本最多の手術件数を誇っています。ヨーロッパをはじめ海外では非常にポピュラーな手術法でありますが、難易度が高く、技術を要するためどこの病院でも行える手術方法ではありません。リッツ美容外科は、眼瞼下垂の治療法として、国内で本術式を主に行っている唯一の医療機関といっても過言ではありません。

眼瞼下垂の症状

「眼瞼下垂」とは読んで字の如く、上の瞼(まぶた)が下がっている状態のことです。
代表的には以下の症状が挙げられます。

  • 『目が細く、目つきが悪い』
  • 『まぶたがくぼんで老けて見える』
  • 『眉毛を上げて目を開ける』
  • 『眠たそうな目』
  • 『左右の目の開きが異なる』
  • 『肩こり、偏頭痛が強い』

ご自身の目が、眠そうに見える、元気がなさそうでトロンとしているように感じられる方は、この眼瞼下垂である可能性が高いのです。眠そうな目は疲れた印象を人に与えると同時に、元気がなさそうに見えてしまうため、老けた印象にもなってしまいます。

眼瞼下垂の方は、本来は目を開くために機能する眼瞼挙筋という筋肉の力が不十分であるため、目を開けようとすると際にこの挙筋の代わりに額の筋肉で(前頭筋)で目を開こうとするため、額(ひたい)や目の周辺に皺(しわ)が増えてきます。さらにこのことは肩こり、頭痛を悪化させて、最終的にうつ病を誘発するとまで言われています。
また額の筋肉を使って目を開こうとすることによって、眉毛は上方に移動してその位置が高く間延びした印象となり、上まぶたはくぼんできます(sunken eyeといいます)。
思い当たられる方は多いのではないでしょうか?いずれにしてもこの眼瞼下垂は、患者様にとって“百害あって一利なし”であり、早期に治療されることを検討されると良いでしょう。

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂はさまざまな要因が考えられており、生まれつき(先天性)、加齢性(老人性)、最近ではコンタクトレンズ性が原因として注目されています。メカニズムは、上まぶたを開く眼瞼挙筋(あるいは腱膜)が原因となることがほとんどで、下垂の改善にはこの筋肉ないし腱膜を短縮することが有効です。
眼瞼下垂の種類は、大きく先天性と後天性に分けられます。

1) 先天性眼瞼下垂

生まれつき(上)眼瞼挙筋という筋肉の形成不全があり、黒目(角膜)が上まぶたで大きく隠れた状態となります。
通常は幼少期に手術(挙筋短縮術)を行っていますが、多くの場合は開きが不十分であります。その理由は、幼少期には各器官が未発達であるために成人以降のまぶたの状態が予想できず、挙筋を万が一短縮しすぎて、眼が閉じにくい状態になった場合には視力に障害を残すこともあり、施術医師も視野が確保される程度に短縮量を控えめに調整するためです。目は“開く機能”が重要なのですが、実は“閉じる機能”はそれと同等ないしそれ以上重要なのです。
そこで眼の開きを大きく改善するには、瞼が器官として十分に発育した成人以降に再手術を行うことになります。

2)後天性眼瞼下垂

動眼神経麻痺、重症筋無力症など、神経や筋肉の疾患によるものもありますが、近年の高齢化社会に伴い、老人性眼瞼下垂の頻度が増加しています。また、同様にコンタクトレンズ(特にハードレンズ)長期装用が原因のコンタクトレンズ性眼瞼下垂も急増しています。

専門医学書では、眼瞼下垂がこのように分類されています。しかし一般的に美容外科を訪れる患者様の中には、この分類には含まれない正常な眼の開きの方も少なくありません。『とにかく目を大きくしたい!』という、要望に対しても本術式を適応することにより、黒目(角膜)の露出が広がって、目力をアップさせることが出来るのです。

眼瞼下垂の手術方法

当院の眼瞼下垂の手術は、状態や程度、ご本人の希望によって3つの方法を使い分けます。

1) 経結膜挙筋短縮法

皮膚側は一切切らずに、裏側の結膜を切開して、眼瞼挙筋を短縮し上まぶたを大きく開くことになります。近年挙筋の裏側にあるミュラー筋の重要性が認識されてきており、リッツ式挙筋短縮法ではこのミュラー筋は切除しない術式を開発しました。上まぶたの皮膚にたるみが強い高齢者以外、ほとんどの患者様に本法を適応することが出来ます。

2) 経皮的腱膜固定法

皮膚側(通常はふたえのライン)を2~3cm切開して、眼の開き具合に合わせて余剰皮膚を切除するために、たるみも同時に改善することが出来ます。主に高齢者の老人性眼瞼下垂に適応します。

3) 大腿筋膜移植

先天性眼瞼下垂の患者様で、挙筋の機能(4mm以下)がほとんどない方が本術式の対象となります。ふとももの筋膜を採取して、上まぶたの瞼板と眉毛の皮膚下にこの筋膜を移植して、額の筋肉(前頭筋)の力を利用して目を開くようにする術式です。

このうち当院でもっとも多く行われているのが、 1) 結膜側挙筋短縮法ですが、皮膚に全く傷をつけず、腫れが非常に少なく、他人から気付かれない用に大きな瞳に改善できる画期的な手術方法です。

 

1) 経結膜挙筋短縮

一般のクリニックでは眼瞼下垂の手術を行う際に、皮膚側切開で行っていますが、リッツ美容外科では、ほとんどの場合結膜側から行ないます。 ただし、生来一重まぶたで同時に二重にされたい方は、二重を作る必要があるため、皮膚の余り具合によっては皮膚側から切開を行なう方法が適している場合があります。結膜側切開による挙筋短縮法には、さまざまなメリットがあります。

①腫れがほとんどない!
手術後ほとんど腫れがないのが特徴です。皮膚側には一切手を加えないため、個人差はあるものの手術直後からほとんど腫れないことが多いのです。そのため仕事で長いお休みが取れない方も安心です。一方皮膚側切開の場合には最低でも2~3週間は腫れますし、人によっては3~6ヶ月腫れることも稀ではありません。


②眼の開き具合を、患者様が決められる(思いのまま)!
手術開始後、すぐに挙筋に糸をかけて仮固定をします。その時点で患者様には座っていただき、鏡で眼の開き具合を確認していただきます。この状態で患者様の要望を伺って、眼の開きを調整します。腫れが少ない術式であるためこのような高度な技が使えるのですが、手術中に患者様自身で眼の開き具合を決定できる!という画期的な手術であるわけです。
一方、皮膚側切開では手術中の腫れが強く、皮膚が切られているため二重、眼の開き具合などはまったく確認不可能です。もっと言いますと、医師側も勘に頼った調節しかできず、そのため数ヵ月後に再手術率が非常に高いのが実情です。あるベテラン医師は50%ほどの患者様で左右差が出てしまったと真実を述べております。この点では、経結膜法には圧倒的なアドバンテージがあります。


写真右は手術中の写真です。上瞼の二重の下にインクで印がついていますが、この範囲が黒目(角膜、虹彩)の範囲です。手術前につけておくのですが、この3本線のところで特に挙筋(眼を開く筋肉)を短くして、目を開きやすくしているのです!!
最も患者様が驚くのは…『こんなに腫れが少ないんですね』・・ということです。


③傷がまったく残らない!
多くの患者様は『手術の証拠をあとに残したくない』 『他人に気づかれたくない』 と思っていられるのではないでしょうか?皮膚に切開をすると傷は目立たなくはなりますが、ゼロになるわけではありません。個人差はありますが眼瞼下垂後の傷跡は、切開線が筋肉に強く引き込まれるため、傷跡が段差となり、食い込むことも多く、最終的にも目立つことが多いのです。その点でも結膜側切開による挙筋短縮法は、一切傷跡、証拠を残さない優秀な方法であるわけです。

④再調整が必要な場合にも圧倒的に有利!
経結膜法、経皮法ともに手術後に、1.開きが十分でない、2.左右差、3.開きすぎなどの理由で再手術が必要となることがあります。先にも述べましたようにこの再手術率は圧倒的に経結膜法では少ないのですが、まったくないというわけではなく、10%以下ではありますが発生します。しかしその際にも、経結膜法では、皮膚側の癒着、瘢痕がないためにいつでも再手術可能ですが、経皮法では通常3ヶ月はこの不都合な状態で我慢しなければならないのです。これは患者様にとって相当な精神的負担となります。当然再手術に関しても必ず成功するという保障はないので、再々手術なども考慮に入れなければなりません。当然その際の腫れは経結膜法が有利であることは言うまでもありません。
ざっと見ても、これだけ経結膜法は患者様にとって多大なメリットがあるわけです。唯一のデメリットは、皮膚のたるみのある方には適応できないということぐらいでしょうか。

2)経皮的腱膜前転法

眼瞼挙筋と瞼板(まぶたの縁を作っている軟骨の板)は、挙筋腱膜というスジでつながっています。
まぶたは、眼瞼挙筋が縮んで、腱膜を介して瞼板を持ち上げることにより上がります。 コンタクトレンズの使用により瞼の内側(結膜)がこすれたり、加齢性の変化として、腱膜が瞼板から外れたり薄くなったりして起こるのが“腱膜性眼瞼下垂症”です。
このような状態の場合は、皮膚側を切開し、はずれたり緩んだりしている腱膜を、瞼板に縫い合わせて固定します。但し、皮膚側切開を適応するのは、加齢性で皮膚が多く余っている場合であり、そうでなければ上記経結膜法で対応可能です。

3)大腿筋膜移植

眼瞼挙筋の機能がほとんどない場合(重症の場合)や前頭筋を動かさないようにして、まぶたが4mm以上挙上できない方に適応します。
手術は眉毛を持ち上げる筋肉である前頭筋を動源として利用します。
大腿部を2cmほど切開し、大腿筋膜を短冊状に採取し(大きいものなので少し採取しても機能には影響しません)、一端を瞼板の前に縫合し、もう一端は皮下を通して眉毛の上の前頭筋に縫合してつなぎます。こうすることによって眉毛を上げると、まぶたが上がるようになります。術後1週間でまぶたの開きを確認し、微調整が必要になることがあります。

ページの先頭へ戻る
POINT

「眼瞼下垂」を治す挙筋短縮法には、瞼に一切傷をつけない「結膜側からアプローチする方法」と「皮膚側からアプローチする方法」がありま す。一般のクリニックでは切開を皮膚側で行なうことが多いようですが、当院ではほとんどの場合、皮膚に傷がつかない結膜側から行ないます。
「結膜側からアプローチする方法」は、腫れが少なく皮膚側に一切傷を残しませんので、あまり休みがとれない方にも向いています。
「結膜側からアプローチする方法」は、高度な技術を要しますので、行なっているクリニックが少ないのが現状です。
手術中に目の開き具合を確認できますので、思った通りの目もとになります。
眼瞼下垂の診断は、非常に難しいので経験豊富な医師に任せる必要があります。当院は国内有数の症例がありますので、正確な診断、最高水準の施術が可能です。



    眼瞼下垂の特徴
    • 施術時間

      約120分

    • 麻酔

      静脈麻酔/局所麻酔

    • 腫れ具合

      <結膜側>★☆☆☆☆
      <皮膚側>★★★☆☆

    • ダウンタイム

      <結膜側>
      2~3日
      2週間目経過確認
      翌日からメイク等が可能

      <皮膚側>
      1~2週間
      5日目抜糸

    同時に行うことが多い施術

    症例写真


    眼瞼下垂症例写真

    眼瞼下垂



    眼瞼下垂+下眼瞼下制術

    「細かった眼がかなり大きくなりました。」
    術前はいわゆる”キツネ目”でした。とにかく『目をおおきくしたい!!』という希望でした。最強手術の組み合わせ、眼瞼下垂手術に下眼瞼拡大(下制)手術を組み合わせました。



    眼瞼下垂(右眼のみ)



    眼瞼下垂+目頭切開

    「眼瞼下垂で上方向、目頭切開で内側方向にそれぞれひとまわりずつ瞳が大きく変化しました」



     

    眼瞼下垂



    眼瞼下垂 (パーツモニター)

    経結膜法で挙筋短縮術を施行して8ヶ月が経過しました。
    皮膚側に一切傷が無いため、ナチュラルメイクでも自然な状態です。


    傷がまったく無いため、目を閉じた状態でも手術をしたことがわかりません。

    体験談・その他症例写真はこちら
    ページの先頭へ戻る

    料金表

    • 眼瞼下垂

      420,000円~

    ページの先頭へ戻る

    よくある質問と答え

    Answer

    • 上まぶたを開ける筋肉を上眼瞼挙筋といいます。この挙筋が伸びたり弱くなったりすると上まぶたが十分に開かなくなります。その結果「目が小さく、目つきが悪い」「眉毛を上げて目を開こうとする」「眠たそうな目に見える」などの状態になります。
    • 原因は様々ですが、生まれつき挙筋機能が不良な先天性眼瞼下垂とコンタクトレンズの長期装用や老化により挙筋腱膜(筋肉の末端)の弛緩や断裂が起こり、眼瞼挙筋の力が十分伝わらないことが原因の後天性眼瞼下垂があります。
    • 当院では瞼の内側から行う方法と皮膚側から行う方法を行っています。一般のクリニックは皮膚切開で行なうことが多く同時に二重にしたい方に適しています。経結膜法は、皮膚を切らず瞼の内側から行います。腫れがほとんどなく翌日から洗顔・お化粧ができますので、あまりお休みが取れない方にも向いています。
    • 眼瞼下垂の手術と同時に二重にする場合は、皮膚側を切開して行います。埋没法で二重にする場合は、眼瞼下垂の術後2週間を経て行います。
    • 眼瞼下垂を改善する挙筋短縮法をすると現在の二重の幅は狭くなります。現在の幅を維持したり広げたりする場合は、同時にまたは後日二重の手術を行います。
    • 眼科でも眼瞼下垂の手術は行っていますが、あくまでも機能回復のための治療です。美容外科では保険は適応されませんが、機能の回復はもちろんの事、外見的美しさも重視して手術を行います。
    • 目が小さいと悩む方が多いのですが、眼球自体の大きさは、成人なら体格等に関係なくほとんど同じです。大きい人と小さい人の違いは眼球の露出範囲の違いです。眼球の露出を多くするには、縦幅を大きくするには挙筋短縮法・挙筋タッキング法、横幅を広げるには目頭切開術、下方に大きくするには下眼瞼下制術を行います。
    • 当院では、手術中に目の開き具合をご自身で確認して頂けます。術後は思った通りの大きさになります。
    • 経結膜法では、糸は結膜内に完全に埋没させますので、結膜から糸が露出することはありません。従って眼球を傷つけることもなく視力にも影響しません。また、糸はまつ毛よりもかなり細い為、裏側が膨らむこともありませんので、ご安心ください。
    • 瞼の内側から行う経結膜側法は、2~3日間むくんだような感じです。翌日からお化粧・洗顔が可能で皮膚側から行う場合は抜糸は5日目、抜糸後アイメイクが可能です。大まかに腫れが引くまでに1~2週間位かかりますので余裕を持ってご計画を。
    • 予備の点眼麻酔をして、髪の毛よりも細い極細の注射針で痛みを柔らげる成分を含んだ局所麻酔をしますので、ほとんど痛みを感じません。ご希望の方には眠っている間に終了する静脈麻酔を使用することもできます。術後に強い痛みを感じることはほとんどありません。念の為お渡しする鎮痛剤で十分カバーできます。
    ページの先頭へ戻る

    初めての方はこちらからどうぞ 0120-628-662 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

    来院予約フォーム
    ページの先頭へ戻る
    携帯メール宛てにこのページのリンクを送信します



    ※「リッツ美容外科 ページURL」というタイトルの
     メールが届きます。

    美容整形一覧

    • 目(眼瞼) ポップアップ
    • 鼻 ポップアップ
    • 輪郭 ポップアップ
    • しわ・たるみ改善 ポップアップ
    • 口もと ポップアップ
    • バスト ポップアップ
    • 痩身・ボディデザイン ポップアップ
    • スキンケア ポップアップ
    • その他 ポップアップ