来院予約フォーム

下眼瞼切開 施術内容


目の周囲のしわ、たるみ、くまを改善する手術です。しわのみ気になる場合は、余った皮膚を切除する皮弁法、たるみもある場合は余った皮膚を取り除き、皮膚と筋肉を斜め上方に引き上げる筋皮弁法、まぶたの脂肪が突出し、逆にそのすぐ下方の窪みが目立つ場合は、余った皮膚を取り除き筋肉と皮膚を引き上げ、さらに突出した脂肪を移動させ下方の窪み(クマ)を盛り上げるハムラー法を行います。症状に応じて手術方法を診断します。

お勧めの方

・下瞼(まぶた)の皺(しわ)を取りたい方
・下瞼(まぶた)の皺(しわ)とたるみを取りたい方
・下瞼(まぶた)のくま(窪み)とたるみのある方
・傷が目立たない方法で目の下の皺(しわ)やたるみを取りたい方
・目の下が外反しないか心配な方

下眼瞼切開

加齢に伴いもっとも早く皺、たるみが現れるのがこの下まぶたです。代表的な下眼瞼の加齢症状は以下のものです。

下まぶたの加齢症状

1)皺(しわ、ちりめん皺も含む)
この部位に皺が出来やすい原因は、皮膚がもっとも薄く、弾性線維も細く、眼輪筋との間に皮下脂肪が存在しないためです。脂肪のクッションがないため、眼輪筋の動きにより皮膚にクセ皺が出現しやすくなります。20歳代の若い方でも、このちりめん皺に悩まれている方が非常に多いのです。

2)下まぶたのふくらみ:涙袋(baggy eyelids)
まぶたの深くに位置する眼窩脂肪が突出するbaggy eyelidsといった状態は、眼輪筋、皮膚、さらに眼窩隔膜の張りが無くなったことにより生じます。この突出した脂肪は切除すればよいという単純なものではありません。周囲とのバランス、特に頬瞼溝、上まぶたのくぼみ、の2点に注目して、脱脂の適応を判断します。繰り返しますが、むやみに下まぶたの脂肪を切除することは要注意です。特に40歳代以降では脱脂のみの手術はお勧めできません。

3)頬瞼溝(きょうけんこう):ゴルゴ線
頬瞼溝は、漫画『ゴルゴ13』の主人公に特徴的な眼の下のくぼみ・溝であることから、“ゴルゴ線”などと表現されています。この溝、くぼみは疲れた表情を増悪するため、改善を希望される患者様は大変多くいらっしゃいます。
下まぶたの薄い皮膚と頬の厚い皮膚との境界部で、その皮膚の性状の差により治療の難しい部位です。米国の Dr.Sam,Hamraにより発表されたいわゆる“ハムラ法”は、世界的に有名な手術法であり、現在最も優れた理論、方法と考えられています。

下眼瞼の悩みとしては、皺、baggy eyelids(涙袋)、ゴルゴ線(頬瞼溝)、さらにこれらの混在した状態が挙げられます。

下まぶたの皺、たるみ改善手術の種類

下まぶたの皺、たるみ取りを総称して、下眼瞼切開と称し、大きく3つに分類されます。

1)皮弁法

皮膚の皺が主な悩みで、たるみがあまり目立たない場合にはこの皮弁法が適応になります。
下眼瞼縁で皮膚を切開して、余剰皮膚を切除するという簡単な方法です。若い方で、皺が下まぶた縁に近いものに限られます。大きく剥離して、皮膚を切除しすぎると外反(アカンベー)、三白眼(scleral show)という状態になるため注意が必要です。実際には、この手術が行われることはほとんどありません。

2) 筋皮弁法

皺のみならず、眼輪筋のたるみが加わり下眼瞼のふくらみ(baggy eye)も目立つ場合にはこの筋皮弁法が適応になります。下眼瞼縁で皮膚を切開して、皮膚、筋肉の下で剥離を行い、筋肉は外上方に引き上げ、外側の骨膜に固定してたるみを改善し、余剰皮膚を切除する方法です。その際に突出している眼窩脂肪を切除することが多いのです。以前はこの手術法が下まぶたの若返り手術の標準でしたが、頬瞼溝(ゴルゴ線)が、改善されないため、現在では次のハムラ法がグローバルスタンダードとなってきています。

3) ハムラ法

眼窩脂肪の突出(baggy eye)とともに、下眼窩骨縁部が逆に窪んで(陥凹)目立つ(=naso-jugar fold:頬瞼溝、ゴルゴ線)場合にはこのハムラ法が適応になります。40歳代以降ではほとんどの方で、これらの症状が合併しているため、ハムラ法は下まぶたの若返り手術の世界的標準術式となりました。
ハムラ法は、下眼瞼縁で皮膚を切開し筋皮弁法に準じて剥離しますが、突出している脂肪を切除せずに、くぼんでいる頬瞼溝の下に移動させて、両方を一気に解消しようとする方法です。

4)経結膜ハムラ法(いわゆる裏ハムラ”)

眼窩脂肪の移動は、皮膚を切開せずにまぶたの裏側からもおこなうことができます。皮膚にたるみが少ない場合には、この結膜側アプローチによる眼窩脂肪移動術が適応になります。但し皮膚のタイトニング(張りを出す)ことはできません。瞼の裏側から行うハムラ法ということから、“裏ハムラ”という呼ばれ方をしています。

各手術の実際

1)皮弁法

若年者の軽度の皺を対象とします。
①皮膚切開
睫毛下1~2mmで瞼縁に沿って、全長にわたって皮膚を切開します。内側は涙点付近から外側は外眼角付近までとします。 さらに、外側交連に沿って水平に切開を伸ばす必要がある場合にも5~8mm以内とします。

②剥離
皮膚と眼輪筋の間を気になる皺の最下端まで剥離します。

③皮膚切除
余剰皮膚量は症例によってさまざまですが、通常は2~4mmを目安とします。 患者様に2横指開口で正面視した状態で余剰皮膚は計測し切除します。

④皮膚縫合皮膚は極細のナイロン糸(8-0ナイロン)で連続縫合を行います。

* 眼窩脂肪切除が必要であれば、手術のはじめに結膜側(まぶたの裏側)から切除しておきます。切除量の目安は下眼瞼を軽く圧排して溢れ出してくる脂肪のみを切除します。

 

2)筋皮弁法

皮膚、眼輪筋を切開し、眼窩隔膜上で剥離し筋肉、皮膚を一塊として引き上げる方法です。
眼輪筋にたるみが認められる場合には、この術式が第一選択となります。

①切開・剥離
睫毛下1~2mmにて皮弁法と同様に皮膚切開を行います。瞼板前眼輪筋は残すため、はじめは皮下で剥離し隔膜部眼輪筋で筋肉下に剥離層を変更し、眼窩隔膜上を眼窩下縁に向かい剥離を続けます。

②眼窩脂肪切除
眼窩隔膜下に眼窩脂肪が透見できますが必要に応じて過剰眼窩脂肪を切除します。

③眼輪筋の固定
外眼角部において眼輪筋を外側上方に引き上げ、眼窩骨膜に程良い張力にて吸収糸を用いて2針固定する。これによりたるんだ眼輪筋は再び張りを取り戻します。

④皮膚切除・縫合は皮弁法と同様です。

 

3)ハムラ(Hamra)法

下まぶたのたるみ、膨らみ(眼窩脂肪の突出)と、さらにそのすぐ下方にそってnaso-jugal groove(頬瞼溝)という窪み(陥凹、)いわゆる“ゴルゴ線”が目立つ場合には、このハムラ法を適応します。

①切開・剥離
上記の筋皮弁法に準じます。下眼瞼睫毛下切開でアプローチし、筋皮弁法に準じて下眼窩骨縁部まで剥離を行います。さらに、剥離を眼窩骨骨膜下で約1cm下方に広げていきます。

②眼窩脂肪移動
ここで眼窩隔膜を内~外側まで切開し、眼窩脂肪を引き出します。引き出した脂肪は切除せずに、手術前にデザインした頬瞼溝の下に脂肪を引き出して(移動して)、下眼窩縁骨膜に吸収糸で4~6針縫合・固定します。
この操作によりbaggy eyeとして膨らんでいた眼窩脂肪は、その下方の窪み(頬瞼溝)を盛り上げる働きをするという意味で、理にかなった方法です。
なお、眼窩脂肪が過剰にある場合には内側、中央を中心に少量切除することもあります。

③眼輪筋の固定、皮膚切除、縫合
その後は筋皮弁法と同様に眼輪筋の外側上方への引き上げ固定、皮膚切除、縫合を行います。

 

4)経結膜ハムラ法

この方法では皮膚側には一切傷をつけません。下まぶたのふくらみ、その下の頬瞼溝を改善します。余剰皮膚の少ない方に適した方法です。

①切開・剥離
瞼を反転して、結膜(瞼の裏側)に2cmの切開を行います。その後、剥離は眼窩隔膜上(眼輪筋下)で行い、眼窩下縁まで至ります。さらに剥離を骨膜下に変更して、気になるくぼみの部位をを越えて剥離を完了します。

②眼窩脂肪の移動
眼窩隔膜を切開して開窓し、眼窩脂肪を引き出します。内側、中央区画(コンパートメント)の脂肪は、頬瞼溝の溝をうめるため、適応する部位の骨膜下に移動して、骨膜に縫合・固定します。余剰脂肪は必要に応じて切除します。

③結膜は縫合することなく、腫れ防止のため血液などをドレナージ(排出)します。

POINT

下眼瞼切開法は、加齢によるしわ、たるみ、くまを改善し張りのある若々しい目もとにする施術です。
当院で行っている下眼瞼切開法には、皮弁法、筋皮弁法、ハムラー法があります。下瞼(まぶた)の様々な症状に応じて適している施術を選択します。たるみを取る場合は、余った皮膚は切除し、たるんだ筋肉を引き上げて骨膜に縫合固定しますので、もとに戻ることはありません。
ふくらみとくまがある場合、一般的な方法は、突出した眼窩脂肪を切除し平坦にするという考え方ですが、ハムラー法は、ふくらんでいる脂肪を窪み(いわゆる“くま”)に移動し、盛り上げる働きをさせ、くまを解消する優れた施術です。切開部は、傷の目立たないまつ毛の生え際ですので、最終的にほとんど分らなくなります。

ページの先頭へ戻る

下眼瞼切開の特徴
  • 施術時間

    約120分

  • 麻酔

    静脈麻酔/局所麻酔

  • 腫れ具合

    ★★☆☆☆

  • ダウンタイム

    約1週間
    抜糸 5日目
    患部を肌色のテープ固定

同時に行うことが多い施術

症例写真


体験談・その他症例写真はこちら

下眼瞼切開症例写真

下眼瞼切開法-Hamra法(+全切開)



下眼瞼切開法-Hamra法



下眼瞼切開-Hamra法

「下瞼のたるみが改善され、頬瞼溝もまったく目立たなくなりました」

「アップで見ても傷痕は目立ちません」

ページの先頭へ戻る

料金表

  • 下眼瞼切開

    432,000円~ ※2014年4月からの税込料金です

ページの先頭へ戻る

よくある質問と答え

Answer

  • 下まぶたの治療法は、状態に合わせて選択します。しわのみが気になる→下眼瞼切開法(皮弁法)下まぶたのしわとたるみの両方が気になる→下眼瞼切開法(筋皮弁法)眼窩脂肪の突出によりその下が逆にくぼんで目立つ→ハムラー法下まぶたのふくらみ(Baggyeyelids)が気になる→経結膜側脱脂法があります。
  • 脂肪のみ取る場合は、結膜側から行いますので皮膚に傷がつきません。皮膚や筋肉のたるみがある合は下まつ毛生え際ギリギリを切開し、細かく丁寧に縫合します。抜糸後赤味がありますが、十分お化粧でカバーできます。最終的に3~6ヶ月でほとんど分からなくなります。
  • 皮膚や筋肉のたるみをとると同時に、突出した脂肪を取り若々しい張りのある目もとにすることができます。
  • しわだけではなく、眼輪筋のたるみもある場合は、たるみの原因となっている余った皮膚を取り除き、皮膚と筋肉を斜め上方に引き上げて張力を発生させ瞼縁の弛緩を解消します。脂肪があれば同時に脱脂します。この筋皮弁法は、加齢により張りをなくした皮膚(しわ)と眼輪筋(たるみ)を、同時に改善する方法です。
  • 下まぶたの眼窩脂肪が突出すると、逆にそのすぐ下方の窪みが目立ちます。これがいわゆるクマと呼ばれ一層疲れた印象を与えてしまいます。このような状態を改善するのがハムラー法です。ハムラー法は、単に膨らんでいる脂肪を切除するのではなく、脂肪に下方の窪み(クマ)を盛り上げる働きをさせるという優れた方法です
  • 手術でとれば、確実に若がえることはできます。しかし、残念ながら老化は止めることができません。今までのたるみを一旦リセットするとお考え下さい。しかし手術を受けなった場合と10年後を比較すると歴然と若々しさに違いが出ます。
  • 下まぶたの眼窩脂肪が突出すると、逆にそのすぐ下方の窪みが目立ちます。これがいわゆるクマと呼ばれ一層疲れた印象を与えてしまいます。このような状態を改善するのがハムラー法です。ハムラー法は、単に膨らんでいる脂肪を切除するのではなく、脂肪に下方の窪み(クマ)を盛り上げる働きをさせるという優れた方法です
  • 下瞼は、上瞼よりも腫れが少ない部位です。術後5日目が抜糸、1週間程むくんだような感じです。
  • 局所麻酔は、極細の注射針で行います。麻酔液は痛みをやわらげる成分が含まれておりほとんど痛みを感じることはありません。特に痛みに敏感な方には、眠っている間に終了する静脈麻酔でも受けて頂けます。術後に強い痛みはなく、お渡しする鎮痛剤で十分カバーできる位です。
ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 0120-628-662 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
携帯メール宛てにこのページのリンクを送信します



※「リッツ美容外科 ページURL」というタイトルの
 メールが届きます。

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディデザイン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ