1. 美容整形のリッツ美容外科 トップ
  2. 施術一覧
  3. その他
  4. 刺青(入れ墨)・タトゥー・アートメイク除去
来院予約フォーム

刺青(入れ墨)・タトゥー・アートメイク除去 施術内容

刺青(入れ墨)・タトゥー・アートメイク除去 メニュー

レーザー除去法と皮膚切除法、植皮法の3つの方法で、気になる刺青(入れ墨)・タトゥー・アートメイクを除去。術式の選択は刺青(入れ墨)の色味や深さ・範囲により決定します。タトゥー・アートメイク・浅めの刺青(入れ墨)であれば正常な皮膚にダメージを与えることなく特定の色素のみをターゲットにし治療できるレーザー除去法が第一選択となりますが、程度によっては皮膚切除法または植皮法という手術が必要となります。

当院では、刺青(入れ墨)・タトゥー・アートメイクを除去する施術として主に3つの方法を行っております。
最もバリエーションが豊富に施行できるクリニックの一つであるかも知れません。
どの施術が最も適しているか、実際に診療させて頂き、最適な施術方法を決定します。

皮膚切除法…傷痕は残りますが、短期間で確実に除去する方法
植皮法…広範囲な刺青(入れ墨)・タトゥーも短期間で確実にを除去する方法
レーザー除去法…切除することに、どうしても抵抗がある方

皮膚切除法

このような方におすすめ致します。

  • 「確実に刺青(入れ墨)・タトゥーを除去したい方」
  • 「短期間で刺青(入れ墨)・タトゥーを除去したい方」
  • 「色彩に富んだ刺青(入れ墨)・タトゥー(特に黄、緑色など)がある方」
  • 「傷痕が残ることをご了承頂ける方」

皮膚切除法は刺青(入れ墨)・タトゥー部分の皮膚を薄く削り取る方法です。
手術で色の付いた皮膚をすべて切除するので、刺青(入れ墨)・タトゥーは完全になくなります。

【削皮術】

刺青専用の手術器具で、刺青の入った皮膚をできる限り薄く取り除きます。
術後のケアが必要で、切除された部分には自宅で薬剤を塗布して新しい皮膚の再生を図ります。

植皮法

このような方におすすめ致します。

  • 「直径が10cmを越える広範囲な刺青(入れ墨)・タトゥーを短期間で除去したい方」
  • 「レーザーでは取れない深い部分に入った刺青(入れ墨)の方」

刺青(入れ墨)・タトゥーの部分の表皮を剥離し、臀部(お尻)など、目立たない部分から皮膚を採取し移植する方法です。

植皮する部分にも、採皮する部分にも傷痕は残りますが、当院では、分層植皮法を取りいれ、そのリスクを最小限にとどめる工夫をしております。

【分層植皮法】

刺青が入っている部分の皮膚を取り除くことによって刺青そのものは除去されますが、刺青除去と同時に皮膚も欠損してしまうため、 皮膚を移植することが必要となります。
皮膚を大腿や臀部から採取すると、今度は大腿や臀部の皮膚がなくなってしまいます。
そこで大腿や臀部の皮膚の表層の一部分だけを取る方法により、大腿や臀部へのダメージを最小限に抑えることが可能です。
この薄い皮膚を用いて、移植する方法が分層植皮法です。

刺青除去後の欠損した皮膚を正常な皮膚でカバーすると同時に、正常な部分の皮膚へのダメージを最小限にすることがこの手術方法の大きなメリットです。

施術後は植えた皮膚が安定して生着するように、圧迫固定をします。
移植した皮膚の生着には約1週間を要します。

レーザー除去法

このような方におすすめ致します。

  • 「時間はかかっても、切除をせずに治療したい方」
  • 「完全に消えない事もあることをご了承頂ける方」

当院では、黒・青などの選択性を要する刺青(入れ墨)・タトゥーに対しては、Qスイッチアレキサンドライトレーザー(Alex Q switch laser:Camdella ,Inc.製 )を使用します。
Qスイッチレーザーは1983年に刺青の治療に使われて以来、黒、青、褐色などの色素に対する有効性と安全性が確認され、現在では刺青(入れ墨)・タトゥー治療に使用される機器として一般的になっています。
このレーザーは青色の色素を分解する作用があるので、刺青(入れ墨)・タトゥーに対して非常に有効な効果をもたらします。

また様々な色調の入り混じった刺青(入れ墨)・タトゥーに対しては、炭酸ガスレーザー(Sharplan Lasers, Inc. 製:SHARPLAN20C))を極弱く照射して使用します。
元来、正常細胞も破壊するため、傷痕が残るものですが、当院では傷ができるだけ目立ちにくいように必要最小限のパワーで照射して用います。このように、傷が目立たないように照射するためには、技術と経験を要します。

レーザーによる治療をしてから約1ヶ月後には刺青(入れ墨)・タトゥーが薄くなっているか、消失します。
ただし、刺青(入れ墨)・タトゥーの濃さと深さにより完全に除去できない場合もあります。
その場合には複数回に分けてレーザーの照射を行います。
元々深い部分に入っている刺青はレーザー治療でははっきりと刺青が残ってしまうため、その場合には診察時に判断をして、無駄な治療とならないよう最も適切な治療方法をご説明いたします。

レーザーで完全に除去されるのか?
またどのくらいの期間で除去されるのか?

実際に刺青(入れ墨)・タトゥーを拝見させて頂き、診療致します。

ページの先頭へ戻る
POINT

当院では、刺青除去を、レーザーでの除去、皮膚切除法、植皮法の3つの方法で行っています。術式の選択は刺青(入れ墨)の色味や深さ・範囲により決定します。
浅い刺青(入れ墨)タトゥー・アートメイクは、正常な皮膚にダメージを与えることなく特定の色素のみをターゲットにし治療できるレーザー除去法が第一選択となります。青や黒は、最もよくレーザーに反応します。様々な色調の入り混じった刺青(入れ墨)・タトゥーに対しては、炭酸ガスレーザーを弱く照射します。元来、正常細胞も破壊するため、傷痕が残るものですが、 当院では傷ができるだけ目立ちにくいように必要最小限のパワーで照射して用います。傷が目立たないように照射するためには、技術と経験を要します。
範囲が狭く、あまり濃い絵柄でない刺青は、皮膚切除法を選択します。刺青(入れ墨)部分の皮膚を切除し、薬剤の使用により皮膚の再生を促す施術です。手術で色の付いた皮膚をすべて切除するので、刺青(入れ墨)・タトゥーは完全になくなります。
プロの彫師が入れた深い刺青(入れ墨)は、植皮法が適応になります。臀部や大腿部などから皮膚を採取し移植します。直径が10センチを越える広範囲な刺青(入れ墨)を短期間で除去できます。

タトゥー・アートメイク除去の特徴
  • 施術時間

    刺青の深さ、大きさ、色見と部位によって治療方法が異なります

  • 麻酔

    <レーザー治療>局所麻酔
    <皮膚切除法・植皮法>局所麻酔/静脈麻酔/全身麻酔

  • 腫れ具合

    <レーザー治療>★☆☆☆☆
    <皮膚切除法・植皮法>★★★☆☆

  • ダウンタイム

    <皮膚切除法>約3ヵ月間 入浴及びシャワーは3~5日目前後より可能
    <植皮法>約1週間抜糸 シャワーは手術後、約1週間目より可能 定着まで(2週間程度)は患部を擦るような刺激は避ける
    <レーザー除去法>3~4週間程度軽い赤み 入浴及びシャワーは翌日より可能 施術後の日焼けは2~3カ月控える

同時に行うことが多い施術

ページの先頭へ戻る

料金表

  • 刺青(入れ墨)・タトゥー・アートメイク除去

    切縫法、レーザー治療:お問い合わせください 削皮+レーザー:378,000円~

ページの先頭へ戻る

よくある質問と答え

Answer

  • 皮膚切除の手術の後は、創部から浸出液が多く出てきます。 自宅で被覆剤や軟膏などの処置が必要となります。
  • 1~2週間ごとに通院が必要なことがあります。 約1ヶ月で創部は乾燥します。
  • 1~2週間ごとに通院が必要なことがあります。 約1ヶ月で創部は乾燥します。
  • 弊院においては治療範囲や深さなどを考慮し、局所麻酔・静脈麻酔・全身麻酔を駆使して施術を行いますので術中の痛みはほとんどありません。 術後約1週間はある程度の痛みはありますが、徐々に痛みは治まってきます。
  • 刺青を除去した部分は、非常にデリケートな皮膚でカバーされている状態です。 その創部にはガーゼを被せているので、ガーゼが横にずれない程度の安静が約1週間必要となります。 皮膚を採った皮膚切除部分は、ご自宅でのケアが必要です。
  • 目立たない部位である臀部(お尻)や大腿部などから皮膚を採取いたします。
  • 約7日目に抜糸があります。 その後1~2週間毎に必要な場合があります。
  • ある程度の傷は残りますが、刺青の痕は完全に除去できます。
  • 弊院においては治療範囲や深さなどを考慮し、局所麻酔・静脈麻酔・全身麻酔を駆使して施術を行いますので術中の痛みはほとんどありません。 術後1週間程度は痛みがありますが、徐々に軽減します。
  • レーザー照射後には軽度の発赤があります。 レーザーで除去した後は美白剤の処置を行います。 刺青を除去するレーザーには、熱エネルギーを伴っているので非常に軽度な火傷を起こします。 火傷の痕は時間と共に皮膚の色が茶色に変色するので、それを防止する為に美白剤が必要となります。 稀に水泡を生じることもありますが、1~2週間で改善してきます。
  • 通院はありません。 深さに応じて複数回の照射を要します。
  • 照射時は、ゴムで軽くはじかれたような感じです。 痛みに弱い方には照射する前に、患部に局所麻酔を使用することができます。
ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 0120-628-662 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
携帯メール宛てにこのページのリンクを送信します



※「リッツ美容外科 ページURL」というタイトルの
 メールが届きます。

  1. 美容整形のリッツ美容外科 トップ
  2. 施術一覧
  3. その他
  4. 刺青(入れ墨)・タトゥー・アートメイク除去

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディデザイン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ