来院予約フォーム

ボトックス注射(多汗症改善) 施術内容

ボトックス注射(多汗症改善) メニュー

発汗に関与するエクリン汗腺は、自律神経(アセチルコリン作動性の交感神経)が支配している為、ストレスや極度の緊張等の心因性の刺激を受けると、発汗が増加し大量の汗をかきます。臭いはあまり気にならず汗が多い方に効果的なのがボトックス注射です。ボトックスはエクリン汗腺への神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を抑制し、汗を抑えます。発汗が減少すると、同時に軽度のワキガへの効果も得られます。

お勧めの方

・主に汗の多さが気になる方
・手軽な方法で汗を抑えたい方
・安全な薬剤で治療を受けたい方

Q. ワキガとはなんでしょうか?
A. 腋窩(腋の下)から特有の悪臭を放つ状態をいいます。ワキガの発生原因を理解するためには、まず腋窩皮膚に存在する3種類の分泌腺の特徴を知る必要があります。以下に詳しいご説明を列挙いたします。

3種類の分泌腺の特徴

1. 皮脂腺:毛穴に出口をもち、毛包に付随して存在する皮脂の分泌腺です。皮脂は数種類の脂質を含んでおり、天然の保湿成分として肌に湿度と柔軟性を与え、また皮膚のバリアー機能に関与します。皮脂腺は手のひらと足底を除くほぼ全身に分布しています。
分泌には男性ホルモンが関与しています。

2. エクリン汗腺:真皮深層に存在し、皮膚表面に直接出口をもつ腺で、大量の水を分泌します。いわゆる「汗」とは、ここから出るものを指します。成分の99%は水で、少量の塩分等を含みます。この水分が蒸発することで、体温は下がり、常に一定の温度に調節されているのです。また皮膚を弱酸性に保ち、細菌などへの殺菌作用があります。全身に分布していますが、手のひら、足底、腋窩に特に多く存在します。
分泌には自律神経(コリン作動性)が関与しています。

3. アポクリン汗腺:皮下脂肪織上層に存在し、毛穴に出口を持つ腺です。ほ乳類の芳香腺(フェロモン作用と縄張りを示す効果のある匂いを出す腺)が退化したものと考えられています。思春期以降に急激に発達してきます。分泌液は乳白色で粘りけがあり、成分は脂質(中性脂肪、脂肪酸、コレステロール等)、鉄分等です。分泌されたばかりの液自体には臭いはありません。腋窩、生殖器周辺、外耳道に分布します。
分泌には自律神経が関与しています。

ワキガの発生するしくみ

エクリン汗腺からの発汗により、腋窩の皮膚は湿った状態となり、細菌(特に黄色ブドウ球菌)が繁殖します。ここに、毛穴を通じて皮脂腺とアポクリン汗腺から分泌液が出てきます。すると、この分泌液中の脂質を細菌が分解し、臭いのもととなる低級脂肪酸(カプロン酸等)が作られます。これがエクリン汗腺からの汗の水分に溶かされ蒸発し、臭いが周囲に拡散していわゆる「ワキガ」の状態に至ります。
夏季に腋臭が強くなるのは、エクリン汗腺からの発汗が多いため、腋窩が湿潤化して細菌が増殖しやすくなり、臭いの成分が多量に産生されるためです。

発症時期はいつごろ?

思春期以降、性ホルモンの分泌が活発になると、ワキガが発症します。自覚する時期は女性13~19歳、男性14~21歳です。女性の方がやや早い時期より自覚する傾向があるようです。

遺伝の有無について

ワキガは常染色体優性遺伝の形式をとるため、高率に家族内発生が見られます。例えば片親がワキガであれば、子供が発症する確率は50~100%です。

Q. ワキガの治療方法はどのようなものがありますか?
A. 臭いの程度が軽く多汗症が主な場合、ボトックス注射による治療が効果的です。しかし臭いが中程度以上の場合は、手術療法が最適と考えます。

手術療法について

当院では以下の方法をお勧めいたします。

ボトックス注射による腋窩多汗症の治療

腋窩多汗症とは、腋窩に異常な量の発汗を生じる状態を言います。
発汗に関与するのはエクリン汗腺ですが、この汗腺は自律神経(アセチルコリン作動性の交感神経)の支配をうけています。
心因性の刺激(ストレス、極度の緊張など)を受けた時、交感神経の作用が高まるために、エクリン汗腺からの発汗が増加し、その結果多汗を生じます。
ボトックス(BOTOX®)は、エクリン汗腺への神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を特異的に抑制し、これにより多汗症の治療効果を示します。
腋窩に片側あたり50UのBOTOX®を皮内注射することで、5ヶ月間の無発汗効果が得られると欧米で報告されており、リスクの少ない有効な方法であると考えます。
また、エクリン汗腺からの発汗が減少することで、軽症のワキガの方への治療効果も同時に得ることができます。

その他の手術方法

ワキガの手術は歴史的にさまざまな変遷を経て今日に至ります。当院の術式は傷跡を最小限にし、かつ高い効果が得られる最適の方法と考えます。

  • (1)縦型紡錘型切除:腋窩の長軸に沿って縦に腋窩全体を切除する方法です。根治性はありますが、瘢痕拘縮の危険性が高くなります。歴史的方法です。
  • (2)縦型紡錘形切除+Z形成術:①の方法にZ形成を追加し、拘縮を回避する方法。
  • (3)横型紡錘形切除:腋窩のしわの方向に沿って腋窩皮膚を横向きに切除する方法。部分切除にとどまり効果は不十分です。
  • (4)S状切除:横型切除の切開線をS字にしたもの。
  • (5)Skoog法:変形の十字切開を加えて腋窩皮膚を皮弁状に挙上し、汗腺組織を除去する方法。手技が易しく効果は高いです、瘢痕が目立ちます。
  • (6)脂肪吸引法:当院のマイクロリゼクション法がこれにあたります。切開線が小さく目立たない利点があります。

POINT

ボトックス注射は、臭いはあまり気にならず“汗が多い”すなわち多汗症に効果があります。
多汗症の方は、発汗に関与するエクリン汗腺の発達により、大量の汗が出て汗じみができます。ボトックスは、エクリン汗腺への神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を抑制する働きがあります。ボトックスは、エクリン汗腺への神経伝達物質であるアセチルコリンの放出を、抑制する働きがあります。ボトックス注射は、この働きを利用する治療方法です。
エクリン汗腺からの発汗が減少する事で、同時に軽症のワキガにも治療効果を得ることができます。注射ですから、ダウンタイムがなく手軽な施術ですが、効果は4~6ヶ月と限定されますので、特に汗が気になる季節の前に(春先)、定期的に注射されることをお勧めします。

ページの先頭へ戻る
ボトックス注射の特徴
  • 施術時間

    約10分

  • 麻酔

    冷却麻酔

  • 腫れ具合

    ☆☆☆☆☆

  • ダウンタイム

    なし

同時に行うことが多い施術

ページの先頭へ戻る

料金表

  • ボトックス注射(多汗症改善)

    108,000円~ *注入部位・量によって異なります ※2014年4月からの税込料金です

ページの先頭へ戻る

よくある質問と答え

Answer

  • ワキガ・多汗症は脇の下に存在する汗腺層の中のアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺が原因となっています。ワキガの方は特にアポクリン腺の発達が著しく、ここで作られた汗が、皮膚表面に存在する常在菌と反応し低級脂肪酸に分解され、独特な嫌なにおいを発生します。多汗症の方は、エクリン腺の発達により大量の汗が出ます。
  • 当院では、程度に応じて術式を選択します。軽症、中等症の方にはマイクロリゼクション法がお勧めです。汗腺組織削除器により汗の量を大幅に減らすことができます。重症の方は反転法をお勧めします。実際に医師が汗腺を見ながら、ひとつずつ取り除いていく方法です。
  • マイクロリゼクション法の傷は約1センチです。反転法の傷は2~3センチです。細かく丁寧に縫合しますし、脇の下はしわの多いところですから最終的にほとんど分らなくなります。
  • 手術で取り残した汗腺があったのでしょう。当院の方法は、においの原因のアポクリン汗腺、汗の原因であるエクリン汗腺を取り除く手術ですから、再発の心配がなく一度の手術で一般レベル以下になります。
  • 術後1週間は、傷の安静を保つために重いものを持ち上げたり、腕を肩の高さより上げたり、スポーツは避けて下さい。車の運転も必要最小限にして下さい。
  • 術後3~7日間のケアが大変重要な手術です。最初の1~2週間は多少肩の動きに制限がありまが、ハードな仕事でなければ可能です。
  • 汗腺をすべて取ってしまうと、肌に潤いがなくなりますので、取りすぎることのないように一般以下まで大幅に汗の量を減らすことができる方法を行っています。
  • 顕著な腫れはありません。
ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 0120-628-662 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る
携帯メール宛てにこのページのリンクを送信します



※「リッツ美容外科 ページURL」というタイトルの
 メールが届きます。

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディデザイン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ