来院予約フォーム

最新のスレッドリフト「シルエットリフト」

シルエットリフト

糸の構造が変わった!
糸についたギザギザで平面的に組織を引き上げるリフトから→糸についたバイオコーンが360度立体的に組織をしっかり支えて引き上げるリフトへ。
垂直方向に引き上げ、たるみのせいでぼんやりしてきたフェイスラインをシャープにします。引き上げ力を長期に維持する強力なスレッドリフトがシルエットリフトです。

「たるみのせいで、頬のラインがぼんやりしてきた。なんとかしたい!でもあまり時間がない」
「口の脇の法令線が気になってきた。どうしよう!」
「老化にストップをかけたい!でも大がかりな手術は今ちょっと決心できない」

近年、しわやたるみなどのエイジングケアは、手術による方法、注入法、スレッドリフト、 高周波やレーザによる治療など、さまざまな方法が行われています。その中からご自分に合った施術を選択できるようになりました。ほんの少しでも老化が気になる方は、是非、トライしてみてください。何もしないでいると、老化はどんどん進んでいきます。
軽度のたるみの内に手を打っておくと、当然、老化を遅らせることができます。一歩踏み出すだけで、若々しい自分に戻れるなんて、わくわくしませんか?
さて、数あるエイジングケアの中でも、注目されて久しいのが、糸で引き上げるリフトです。ところが、糸で引き上げるリフトには、材質や形状が異なる様々な方法があります。何がいいのか、何が違うのかとまどってしまう方がたくさんいらっしゃるようです。そこで、今回は数あるスレッドリフトの中でも最新の「シルエットリフト」のお勧めポイントをご紹介します。

最新のスレッドリフト「シルエットリフト」のお勧めポイント!

1. 糸についたバイオコーンに注目!

今まで、よく使われてきた糸は、糸自体にギザギザの切れ目が入ったものでした。
このギザギザで、平面的にたるみ(組織)を引き上げるものでした。シルエットリフトは、糸の構造自体が違います。糸には吸収性のバイオコーンといわれる小さな円錐状の素材がついており、360度立体的に組織を支え、たるみを引き上げるので、非常に強力な引き上げ効果があります。
下がってきたフェイスラインに、広範囲の引き上げ効果をもたらし、特にブルッドックフェイスと呼ばれる、たるみのせいで四角くなったフェイスラインに効果的です。

バイオコーン

2. 選べる糸のタイプ

当院では、溶ける糸と溶けない糸の2つのタイプをご用意しています。
【溶けない糸】
糸が挿入されると、まずバイオコーンがしっかり組織を支え、引き上げた位置をキープします。そして、バイオコーンは約8~10か月かけて徐々に溶けていきます。
バイオコーンが溶けても、溶けるまでの間にバイオコーン、糸、糸についている細かい結び目の周囲にコラーゲン線維が新生され、組織を強固に支持し引き上げ効果を維持します。また、糸についている細かい結び目も引き上げ効果を保持しますので、強力な支持力が持続するリフトと言えます。さらに、コラーゲン線維が形成されることによって、みずみずしく張りのある肌に導くリバイタライジング効果も得られます。

コラーゲン生成

【溶ける糸】
身体に安全とはいえ、異物が残ることにどうしても抵抗がある方には、糸もバイオコーンも吸収されるタイプをお勧めします。バイオコーンは、8~10ヵ月、糸は2年~2年半かけて徐々に吸収されていきます。
「糸が吸収されてしまうと、元に戻ってしまうんじゃない?」
こんな疑問を持つ方がいらっしゃると思いますが、ご心配はありません。なぜなら、バイオコーンや糸が溶けていくまでの間に、バイオコーン、糸、糸についている細かい結び目の周囲にコラーゲン線維が新生され、バイオコーンや糸の代わりに組織を支えます。また、コラーゲン線維が形成されることによって、みずみずしく張りのある肌に導くリバイタライジング効果も得られます。

通常糸vsシルエットリフト

3. 高品質、高い安全性を追求した製品

アメリカFDA認可取得、ヨーロッパにおいてはCEマーク取得している安全性を追求した製品です。海外においては顔面麻痺の治療にも使用されております。

4. 術中に引き上げた状態を確認できる!

「もう少し引き上げたい」「この位引き上がれば十分」など、若返った自分を術中に確認できます。この間当院の高度な麻酔技術で、全く無痛の内に確認して頂けます。

5. 日帰りができます!包帯固定等はありません。

6. 腫れがほとんどないので、気軽に受けられます。

7. 溶けない糸を使用の場合は、たるみが気になってきたら、糸を小さな切開で同じ部位から再度引き上げる事も可能です。

しかし、何といっても手術を成功させるには、医師の技術と経験がものをいう事を忘れてはなりません。例えば、開口に影響しない様に、挿入部位は上顎より上として頬は口角より下に入れないのが原則です。もちろん、左右差や糸が波打たないように、糸の入れ方にも高い技術を要します。短時間のプチ整形だからといって、どこで受けても同じではありません。簡単でどこでも同じ施術などないのです。適した部位、適した本数を見極め、確実に結果を出す技術、どれか一つ欠けても満足な仕上がりになりません。
経験豊富で高い技術のある当院医師のもとで、若い頃のようなすっきりしたフェイスラインを取り戻し、気持ちも一新して瑞々しい毎日を目指しましょう!

初めての方はこちらからどうぞ 0120-628-662 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディデザイン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ