顎~水平骨切り術~

輪郭の3大手術は、頬骨、下顎角(エラ)、顎(アゴ)です。
この内、頬骨やエラは、小さくしたいという希望がほとんどですが、顎にはさまざまな悩みがあります。

【顎に関する悩み】
「短くしたい」「引っ込めたい」「しゃくれている」「小さくしたい」「細くしたい」
「出したい」・・・・・・

骨削りと骨切りの違いは?

顎の骨削りと骨切りの違いについてよく聞かれます。その違いは、骨切り(中抜き)と削りは適応する状態が違います。
顎先が少々出ている、あるいは左右の長さが微妙に違うような場合には、医療用のグラインダーを用いてその部分を削ります。これが顎削りです。
長い顎を短くする、顎先の前突や後退の程度が顕著な状態には、いくら削っても限界がありますので、この場合は骨切りが適応されます。限界は、解剖学的な造形上の限界と量的な限界です。
そこで、下顎骨の中間部分の構造上不要な部分を切り抜いて短縮し、その後フェイスラインを丁寧に削って滑らかに形成します。
簡単にまとめると、顎削りは前方への出っ張りを減らす手術を指し、顎の長さを短くする場合は顎骨切りになります。
顎の悩みの中で最も多い長い顎を短くする骨切り法はヴァリエーションに富んでいます。
術式はどなたに対しても同じではありません。元々の顎の形状や大きさ、オトガイ神経の位置、患者さまのご希望により術式を決定していきます。

2段水平骨切り術(中抜き法)

顎が長くて大きな変化を希望する場合、顎を前後に移動したい場合は、2段水平骨切り術を行います。
顎先の骨だけ切ったり削ったりすれば、簡単に短くなると思われる方もいらっしゃるでしょうが、顎先だけ切除して短くすると、顎から首のラインの首の皮膚が余り、二重顎になる可能性があります。
また、先端を切除しようとすると首に向かう筋肉を一度剥離(筋肉の付着を剥すこと)することにより、筋肉の張りが緩み二重顎になりかねません。
このような理由で顎を短くする際には、先端の骨は出来るだけ温存して中間の骨を切除するのです。

これが重要

本術式を難易度の高い手術としているのは、水平骨切り術後にできる両端の段差の処理です。
骨片の固定後、骨の段差があるときは、皮膚の上から触れない程度に切除しますが、この作業が大変重要です。このまま処理しないで放置すると当然段差ができてしまいます。
他院で顎の骨切り手術をして段差が出ている方が、多数修正にいらっしゃいます。
当院では、段差をならしていくために独自に開発した骨削りノミで、下顎角(エラ)の方向に向かって段差を丁寧になだらかにしていきます。

顎は他部位とのバランスも大切

顎は下顎角(エラ)や口元とのバランスを考えて手術します。
輪郭形成術においては、輪郭全体のバランスをトータルに考え、患者さまの美しい輪郭実現のため、最も効果的な方法を診断することが非常に大切です。
リッツ美容外科では、パーフェクトな輪郭美を追求するトータルデザインを診断します。

ここがすごい!お勧めポイント

~国内有数の症例数!~

  • さまざまなオリジナル手術法を学会で発表しています。
  • オトガイ神経の位置による個人差はありますが、最大約10ミリ~12ミリ短縮できます。
  • 下顎骨の厚みなどによる個人差はありますが、最大約8ミリ~10ミリ後退させることができます。
  • 骨切り後に生じる両端の段差を滑らかにするには高度な技術を要します。当院では、独自に開発した骨切りノミで滑らかに曲線を形成します。
  • 口の中からの手術ですから、外側に傷がつきません。
  • カウンセリング時に術後イメージのシミュレーションができます。
  • 術後の腫れやむくみを早期に軽減するため、内服薬、フェイスバンデージを組み合わせた万全のアフター・ケアを行っています。
  • 最先端の麻酔法で、日帰りが可能です。
  • 術後の自宅でのケアは、フェイスバンデージ装着のみで、ものものしい包帯固定はありません。
  • 他院の修正手術も多数承っております。セファロ・パノラマ撮影で、前回手術を検証し、確実に効果が出る骨切りデザインをご提案します。
  • 万全の医療設備(大学病院レベルの手術室、医療機器)・医療技術(有数の症例数を持つ医師での執刀)・医療スタッフで手術を受けて頂けます。

輪郭の施術料金一覧


お気に入り
閲覧履歴