1. 美容整形のリッツ美容外科
  2. 学会活動
  3. 痩身・ボディデザインに関する学会発表
来院予約フォーム

「当院における脂肪吸引法 −Tumescent液に関する一考察−」

第25回日本美容外科学会総会 / 2002年10月 / 東京院 浪川浩明

はじめに

脂肪吸引は、美容外科で最もpopularに行われている手術のひとつである。ただし、技法に関するおおよその確立は成されているものの、細部については、百家百様であり、これに対して、我々が自院で行っている方法が、安定した好成績を得ていることから、2000年の79回学術集会にて発表した。今回、これに実験的な裏付けによる若干の改良を加えた。

目的

脂肪吸引(主に1000mlを越える多量吸引時)におけるquality向上の工夫。

対象

大腿全周法として脂肪吸引を施行した107例(2001.6~2002.5)。このうち20例に対し、Tumescent液に関する実験的評価を行い、さらにこの結果を踏まえて87例に追施行し、満足度を調査した。

方法

貧血抑止効果を主題に、Tumescent液の適切な組成、使用方に関するAlgorithmの作製。(i)熱力学的評価,(ii)使用料,(iii)Bosmin濃度評価,(iv)局所麻酔薬添加に対する評価。

結果

今回の実験では、Tumescent液の最適使用料を決定するには至らなかったが、総量5000ml前後で使用する場合、液温15℃前後、Bosmin濃度は3×10(-7)mg/ml前後、局麻濃度Xylocain換算で0.04%以上が理想的であると評価した。

考察

常識的に考えれば、液温は低ければ低いほど、Bosmin濃度は濃ければ濃いほど、Tumescent液の量も多ければ多いほど、貧血抑止効果に寄与するものと思われるが、これからの程度も境界域に達すると効果の鈍化と、生理的負荷がこれを凌駕することが容易に予想される。今回の実験は、境界線の検量が目的であり、それがある意味、果されたと思われる。

関連美容施術
ページの先頭へ戻る
  1. 美容整形のリッツ美容外科
  2. 学会活動
  3. 痩身・ボディデザインに関する学会発表

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディデザイン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ