1. 美容整形のリッツ美容外科
  2. 学会活動
  3. その他に関する学会発表
来院予約フォーム

「当院における日帰り全身麻酔の患者管理」

第24回 日本美容外科学会総会 / 2001年10月 / 横浜院 院長 阿部聖孝

概要

近年、日帰り麻酔は学会でのテーマとしてだけではなく一般にも広く認識されるようになり、患者安全管理の立場から「日帰り麻酔の安全のための基準」が作成されるようになった。
オフィスサージャリーとしての美容外科手術は局所麻酔により行われているものが多いが、手術内容や患者背景によっては硬膜外麻酔や全身麻酔が必要になるケースもあり、その適応や方法、また帰宅時間の決定には難渋する場合がある。当院において全身麻酔が必要になる手術としては、顔面骨手術、豊胸術、広範囲の脂肪吸引、患者自身の希望などがある。
麻酔法としては、急速導入後、経口または経鼻気管内挿管により吸入麻酔を使用することがほとんどであり、早期の安全な帰宅を可能にするため短時間作用性薬物の使用、オピオイドを用いずNSAIDの活用、区域麻酔の併用などを実施している。麻酔覚醒後は入院を含め出来る限り長時間経過観察することが望ましく、チェックリストにより全身状態や意識レベル、運動機能を検査し、安全を確認した上で患者の希望により帰宅時間を決定しており、帰宅後も当院スタッフにより患者からの夜間の訴えに対応している。
一般病院でも必要性の高まっている日帰り全身麻酔について、オフィスサージャリーとして安全管理に留意し当院で施行している方法を報告する。

関連美容施術
ページの先頭へ戻る
  1. 美容整形のリッツ美容外科
  2. 学会活動
  3. その他に関する学会発表

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディデザイン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ