1. 美容整形のリッツ美容外科
  2. 学会活動
  3. 輪郭に関する学会発表
来院予約フォーム

「当院におけるReductionforeheadplasty」

第28回日本美容外科学会総会 / 2005年10月 / 東京院 大場教弘

目的

東洋人には比較的稀であるが、前頭洞の過剰発育に起因する眉毛上部の突出は、険しい印象を人にあたえる。これに対し女性的な優しい表情にすることを目的と し前額部骨切り手術を行った。

対象と方法

対象は眉毛上部の突出を主訴に来院した2症例、21歳男性および24歳男性である。方法として、後頭隆起上方を通過する冠状切開より帽状腱膜下、骨膜下剥 離にて前頭骨を露出させる。前頭洞前壁をbarで開窓し、前壁骨片を遊離骨片として摘出したのち、barを用いて周囲および前頭洞中隔部を削り減量させた うえ、元に戻しwireで固定した。前頭洞粘膜は可能な限り温存した。

結果

Follow期間はそれぞれ1年7ヶ月、1年8ヶ月であるが、禿髪、知覚異常、鼻腔機能異常等もなく、2症例ともに顔面輪郭のなめらかさ、側貌の改善が得 られ、険しい表情も緩和された。

考察

眼窩上縁の突出は険しい印象を与え、男性的象徴であるが、フェミニゼーションの一環として、我々は冠状切開から直視下に前頭骨の骨切りをおこない、輪郭の 改善をおこなった。この方法は異物を使用することなく、過剰な部分のみを直視下に減量でき、自然な輪郭形成が可能であった。禿髪、知覚異常、鼻腔機能異常 などの合併症もなく、唯一の欠点である冠状切開瘢痕も、後頭隆起上方を通過させることにより、毛流に直交するためほとんど目立たなくすることが可能であった。

関連美容施術
ページの先頭へ戻る
  1. 美容整形のリッツ美容外科
  2. 学会活動
  3. 輪郭に関する学会発表

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディデザイン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ