1. 美容整形のリッツ美容外科
  2. 学会活動
  3. しわ・たるみ改善に関する学会発表
来院予約フォーム

「スプリングリフトによる中~下顔面リフトの使用経験と効果の検討」

第34回日本美容外科学会総会 / 2011年9月 / 東京院 田中真輔

目的

近年、顔のanti-agingは非常に関心が高い。フェイスリフトは手術は効果は高いが、ダウンタイムが長く、侵襲が大きいため患者にとって抵抗がある。このためタイトニングの医療機器(ラジオ波など)を希望する患者は多い。しかし必ずしも満足するような結果を提供できていないのが現実である。スレッドリフトの侵襲と効果は、フェイスリフトとタイトニングの医療機器の中間に位置する。今回新たな特長を持つスプリングリフトによる使用経験と効果を検討した。

方法

1st Surgical Concept社製®スプリングスレッドを使用した。鼻唇溝とjowlの改善を目的とする。片方4本ずつ計8本のスレッドを使用した。長さ30cmで、中央でcog(突起)の方向が変わる。この部位を支点にして逆v字に3本挿入し、それを頭側でv字に1本で支える様に挿入する。側頭筋膜深葉上にスレッドを通し脂肪中間層に留置する。

結果

従来のスレッドに対してリフト直後の形態も比較的良好で、術後のダウンタイムであるエクボや波打ちも少なく、リフト効果の持続も長い印象がある。患者満足度も概ね良好である。

考察

スプリングリフトの特長はシリコン製のチューブとその周囲に24個/cmの丸みのあるcog(突起)を持ち、チューブ内にはポリエステルの糸が入っている。スレッド自体は伸縮性を持つ。この伸縮性と多くの丸みのあるcogを持たせることで、表情筋による顔面の動きや外部よりの圧力に対し、スレッド自体もある程度の可動性があり、組織にも優しいためスレッドの位置が保たれやすいことが良好な結果に繋がっていると考えられる。

関連美容施術
ページの先頭へ戻る
  1. 美容整形のリッツ美容外科
  2. 学会活動
  3. しわ・たるみ改善に関する学会発表

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディデザイン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ