メール相談 お問い合わせ

目(眼瞼)の美容整形

  1. 美容整形のリッツ美容外科
  2. 目(眼瞼)の美容整形

リッツ美容外科の目(眼瞼)の美容整形

リッツ美容外科オリジナルの埋没法(SMK法)・下眼瞼拡大(垂れ目形成)・涙堂・涙袋形成などの施術で、大きく美しい印象の目元にするための美容整形を。

目(眼瞼)や目元は、お顔の印象を決定づける重要なパーツです。目(眼瞼)に関する手術は、大きく分けると、「二重整形などを行って大きな瞳に改善する手術」と「加齢に伴う目のたるみを改善して若々しい目元を取り戻す手術」の2種類に分類されます。

二重(ふたえ) [埋没法 – SMK法(スクエア・マルチプル・ノット法]

埋没法

リッツ美容外科オリジナルの埋没法「SMK法(スクエア・マルチプル・ノット法)」は、糸を用いて二重まぶたのラインを3点または6点で固定する、埋没法の進化版です。従来の埋没法「クイック法」のデメリットである、術後に糸が取れる心配などを解消しました。
特に6点固定法は、二重ラインの消失がほとんどみられない強力な効果持続力を持つ独自の美容整形です。当院では痛み対策も万全に行っており、局所麻酔・静脈麻酔による完全無痛麻酔で、麻酔液の組成を工夫しているため、痛みを最低限にまで抑えることができ、術後の経過の腫れや内出血などのダウンタイムも最小限で済ませることができます。

瞳開大(1) [下眼瞼拡大-垂れ目形成-]

下眼瞼下制術

下眼瞼拡大(垂れ目形成)は、下眼瞼下制術とも呼ばれ、第 49 回日本形成外科学会総会・学術集会で発表された、リッツ美容外科オリジナルの美容整形手術です。日本人・東洋人特有のきついつり目・きつね目を、優しい印象の垂れ目に変え、大きな美しい印象の瞳にします。下瞼(まぶた)の中心から外側の二分の一を下方へ引き下げて垂れ目を形成し、黒目を大きく見せます。
当院で開発されたこの手術は、現在では日本のみならず韓国、中国でも行われております。
なお、逆さまつ毛の手術を併用することにより、まつ毛が下向きとなり、ぱっちりと大きな印象の目(眼瞼)に改善することも可能です。

瞳開大(2) [眼瞼下垂]

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、目(眼瞼)を開けようとしても、上瞼(まぶた)が十分に開かない機能不全疾患の一種です。リッツ美容外科では、眼瞼下垂の治療方法として経結膜法を採用しており、この術式だと瞼(まぶた)の裏側からアプローチを行うため、外側の皮膚には傷跡が全く残らないのが特徴となっています。患者様の状態により、皮膚側から二重形成手術と同時に行うこともあります。
なお、経結膜法の手術中には、目の大きさを患者様ご自身にご確認いただきながら美容整形を行いますので、仕上がりもご満足いただけるものとなります。腫れ・浮腫み・痛みなどのダウンタイムも少ないため、お忙しい患者様でも安心して施術をお受けいただけます。

瞳開大(3) [目頭切開]

目頭切開

日本人・東洋人は目頭部分に蒙古襞(もうこひだ)と呼ばれる余った皮膚があることが多く、目が離れている印象になり、目の横幅が小さく見え、きつい目つきに感じられます。このような場合には、蒙古襞を切開して瞳を大きく見せる目頭切開が、有効な美容整形となります。
なお、従来の目頭切開で行われていた「W法(蒙古襞をW型に切開する術式)」は、皮膚を切り取るために傷跡が大きくなる傾向がありました。その点、リッツ美容外科は皮膚を立体的にずらして入れ替える「ミニZ法」を採用しています。切開線が最短であるため、皮膚に過度な張力がかからず、傷跡が早期の経過で目立たなくなり、ダウンタイムも少なく、自然な仕上がりになります。

上眼瞼たるみ改善 [上眼瞼切開]

上眼瞼切開

上眼瞼および上瞼(まぶた)のたるみは加齢とともに進行し、目を覆うように皮膚が垂れ下がり、目は小さくなり、二重幅も狭くなってしまいます。また、重度のたるみになると視界が悪くなるので、額の筋肉に負担をかけて目を開ける癖がつき、額にシワが生じるだけでなく、肩こりや頭痛なども併発しやすくなります。
このような目の上のたるみ取りに有効なのが、上眼瞼たるみ改善(上眼瞼切開)です。二重ライン付近の余った皮膚を切除することにより、加齢でたるんだ上眼瞼および上瞼(まぶた)を若返らせることができます。なお、術後の傷跡は二重ラインに隠れるため、開眼状態ではほとんど目立ちません。

下眼瞼たるみ改善 [下眼瞼切開]

下眼瞼切開

下眼瞼たるみ改善(下眼瞼切開)は、目の周りにできるしわ・たるみ・クマを改善するための美容整形手術です。リッツ美容外科では、患者様のしわ・たるみ・クマの症状に合わせて、以下の4つの整形手術を使い分けます。
① 皮弁法
しわが気になる場合には、余った皮膚を切除します。
② 筋皮弁法
しわ・たるみを治したい場合には、余った皮膚を切り取り、皮膚と筋肉を斜め上方向へと引き上げます。
③ ハムラ法
目の下にくぼみができ、クマになっている場合は、余った皮膚を切除して引き上げ、さらに眼窩脂肪の突出(baggy eye)を移動させて目の下のくぼみを盛り上げて解決します。
クマの赤紫色も解消します。
④ 経結膜ハムラ法(裏ハムラ法)
眼窩脂肪の移動を、皮膚を切開せずに瞼(まぶた)の裏側から行います。
ハムラ法と同様にクマの赤紫色も解消します。

涙堂・涙袋形成 [涙堂注入(ヒアルロン酸注入)]

涙堂注入

涙堂・涙袋とは、下瞼(まぶた)にあるぷくっとした膨らみのことです。涙堂・涙袋を形成することによって、可愛らしいタレントやアイドルのような印象的な目(眼瞼)となり、若々しく魅力的に見えるようになります。涙堂・涙袋形成では、下まつ毛の際の辺りにヒアルロン酸を注入し、バランスをみながら膨らみを調整していきます。なお、ヒアルロン酸注入による涙堂・涙袋形成を世界で初めて行ったのはリッツ美容外科です。2000 年から始まった当院を元祖とする涙堂・涙袋形成は、現在では日本のみならず、韓国・中国などの海外にも広まっています。

ページの先頭へ戻る

初めての方はこちらからどうぞ 0120-628-662 携帯・PHSからも通話無料 年中無休/受付時間 9:30~20:00

来院予約フォーム
ページの先頭へ戻る

リッツ美容外科の目(眼瞼)の美容整形

リッツ美容外科オリジナルの埋没法(SMK法)・下眼瞼拡大(垂れ目形成)・涙堂・涙袋形成などの施術で、大きく美しい印象の目元にするための美容整形を。

目(眼瞼)や目元は、お顔の印象を決定づける重要なパーツです。目(眼瞼)に関する手術は、大きく分けると、「二重整形などを行って大きな瞳に改善する手術」と「加齢に伴う目のたるみを改善して若々しい目元を取り戻す手術」の2種類に分類されます。

二重(ふたえ) [埋没法 – SMK法(スクエア・マルチプル・ノット法]

埋没法

リッツ美容外科オリジナルの埋没法「SMK法(スクエア・マルチプル・ノット法)」は、糸を用いて二重まぶたのラインを3点または6点で固定する、埋没法の進化版です。従来の埋没法「クイック法」のデメリットである、術後に糸が取れる心配などを解消しました。
特に6点固定法は、二重ラインの消失がほとんどみられない強力な効果持続力を持つ独自の美容整形です。当院では痛み対策も万全に行っており、局所麻酔・静脈麻酔による完全無痛麻酔で、麻酔液の組成を工夫しているため、痛みを最低限にまで抑えることができ、術後の経過の腫れや内出血などのダウンタイムも最小限で済ませることができます。

瞳開大(1) [下眼瞼拡大-垂れ目形成-]

下眼瞼下制術

下眼瞼拡大(垂れ目形成)は、下眼瞼下制術とも呼ばれ、第 49 回日本形成外科学会総会・学術集会で発表された、リッツ美容外科オリジナルの美容整形手術です。日本人・東洋人特有のきついつり目・きつね目を、優しい印象の垂れ目に変え、大きな美しい印象の瞳にします。下瞼(まぶた)の中心から外側の二分の一を下方へ引き下げて垂れ目を形成し、黒目を大きく見せます。
当院で開発されたこの手術は、現在では日本のみならず韓国、中国でも行われております。
なお、逆さまつ毛の手術を併用することにより、まつ毛が下向きとなり、ぱっちりと大きな印象の目(眼瞼)に改善することも可能です。

瞳開大(2) [眼瞼下垂]

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、目(眼瞼)を開けようとしても、上瞼(まぶた)が十分に開かない機能不全疾患の一種です。リッツ美容外科では、眼瞼下垂の治療方法として経結膜法を採用しており、この術式だと瞼(まぶた)の裏側からアプローチを行うため、外側の皮膚には傷跡が全く残らないのが特徴となっています。患者様の状態により、皮膚側から二重形成手術と同時に行うこともあります。
なお、経結膜法の手術中には、目の大きさを患者様ご自身にご確認いただきながら美容整形を行いますので、仕上がりもご満足いただけるものとなります。腫れ・浮腫み・痛みなどのダウンタイムも少ないため、お忙しい患者様でも安心して施術をお受けいただけます。

瞳開大(3) [目頭切開]

目頭切開

日本人・東洋人は目頭部分に蒙古襞(もうこひだ)と呼ばれる余った皮膚があることが多く、目が離れている印象になり、目の横幅が小さく見え、きつい目つきに感じられます。このような場合には、蒙古襞を切開して瞳を大きく見せる目頭切開が、有効な美容整形となります。
なお、従来の目頭切開で行われていた「W法(蒙古襞をW型に切開する術式)」は、皮膚を切り取るために傷跡が大きくなる傾向がありました。その点、リッツ美容外科は皮膚を立体的にずらして入れ替える「ミニZ法」を採用しています。切開線が最短であるため、皮膚に過度な張力がかからず、傷跡が早期の経過で目立たなくなり、ダウンタイムも少なく、自然な仕上がりになります。

上眼瞼たるみ改善 [上眼瞼切開]

上眼瞼切開

上眼瞼および上瞼(まぶた)のたるみは加齢とともに進行し、目を覆うように皮膚が垂れ下がり、目は小さくなり、二重幅も狭くなってしまいます。また、重度のたるみになると視界が悪くなるので、額の筋肉に負担をかけて目を開ける癖がつき、額にシワが生じるだけでなく、肩こりや頭痛なども併発しやすくなります。
このような目の上のたるみ取りに有効なのが、上眼瞼たるみ改善(上眼瞼切開)です。二重ライン付近の余った皮膚を切除することにより、加齢でたるんだ上眼瞼および上瞼(まぶた)を若返らせることができます。なお、術後の傷跡は二重ラインに隠れるため、開眼状態ではほとんど目立ちません。

下眼瞼たるみ改善 [下眼瞼切開]

下眼瞼切開

下眼瞼たるみ改善(下眼瞼切開)は、目の周りにできるしわ・たるみ・クマを改善するための美容整形手術です。リッツ美容外科では、患者様のしわ・たるみ・クマの症状に合わせて、以下の4つの整形手術を使い分けます。
① 皮弁法
しわが気になる場合には、余った皮膚を切除します。
② 筋皮弁法
しわ・たるみを治したい場合には、余った皮膚を切り取り、皮膚と筋肉を斜め上方向へと引き上げます。
③ ハムラ法
目の下にくぼみができ、クマになっている場合は、余った皮膚を切除して引き上げ、さらに眼窩脂肪の突出(baggy eye)を移動させて目の下のくぼみを盛り上げて解決します。
クマの赤紫色も解消します。
④ 経結膜ハムラ法(裏ハムラ法)
眼窩脂肪の移動を、皮膚を切開せずに瞼(まぶた)の裏側から行います。
ハムラ法と同様にクマの赤紫色も解消します。

涙堂・涙袋形成 [涙堂注入(ヒアルロン酸注入)]

涙堂注入

涙堂・涙袋とは、下瞼(まぶた)にあるぷくっとした膨らみのことです。涙堂・涙袋を形成することによって、可愛らしいタレントやアイドルのような印象的な目(眼瞼)となり、若々しく魅力的に見えるようになります。涙堂・涙袋形成では、下まつ毛の際の辺りにヒアルロン酸を注入し、バランスをみながら膨らみを調整していきます。なお、ヒアルロン酸注入による涙堂・涙袋形成を世界で初めて行ったのはリッツ美容外科です。2000 年から始まった当院を元祖とする涙堂・涙袋形成は、現在では日本のみならず、韓国・中国などの海外にも広まっています。

ページの先頭へ戻る

  1. 美容整形のリッツ美容外科
  2. 目(眼瞼)の美容整形
来院のご予約へ

当院の治療は保険適用外の自由診療になります。

美容整形一覧

  • 目(眼瞼) ポップアップ
  • 鼻 ポップアップ
  • 輪郭 ポップアップ
  • しわ・たるみ改善 ポップアップ
  • 口もと ポップアップ
  • バスト ポップアップ
  • 痩身・ボディデザイン ポップアップ
  • スキンケア ポップアップ
  • その他 ポップアップ